メドとミドの医学音楽日記

現役医師という職業条件を生かした日記ないし雑文がメインです。 趣味の音楽(オリジナルMIDI)の公開もしてます。 その他色々な話題を扱っていこうと思います。 管理人:Hyperion

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

君が代伴奏拒否する教諭のもとで学びたかった(笑)

また痛いニュースさんからですが。
「君が代」ピアノ伴奏拒否の先生、敗訴確定…最高裁判決
とのこと。

個人の思想はどうあろうと自由だと思いますが、君が代を歌ったり、演奏したりするのがいやだと言う先生の下では、当然生徒の思想によってどうしてもこの教科書の作品は音読できないとか、故在って二次関数については嫌悪感を覚えるので一切携わりたくないという希望は叶えられるのですよね。うらやましいなあ。あはは。こういう教諭の下で学べたらきっと幸せな人生を過ごせたことでしょう。間違いない。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/02/28(水) 20:28:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買うべきDVDが多い

1月26日は買うべきDVDが多くて困ります。
機動戦士ガンダムDVD-BOXの後半、GUNDAM EVOLVE../A、涼宮ハルヒの憂鬱最終巻、トップをねらえ!合体劇場版、ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟… どれも諦められないので金欠覚悟で玉砕せねば。社会人でよかった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/01/13(土) 10:20:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士急ハイランド

2007年となりました。今年もよろしくお願します。

昨日に引き続き、12月の話です。12月11,12日は夏休みだったもので、前日の千葉旅行に引き続き、富士急ハイランドへ行ってきました。
高速バス往復券+フリーパスで5550円って安すぎ。
平日ということもあって、ジェットコースター以外はそれほど並ばずに乗れる状態でした。ちょうどその時期はFUJIYAMAが改装中で乗れなかったのですが、結論から言うと大変満足でした。
というよりも、もう勘弁してください。
以下、アトラクションの感想。

トンデミーナ
ピザーラ御提供のマシン。ピザがモチーフらしい。フライングパイレーツ+遠心力のダブルパンチ。おしっこ漏れそうな感覚はそのままに、視点がぐるぐる回ることで恐怖感は倍増。寒空の中乗ると、顔が痛くなる。オッサンが「とーんでみぃな~」とか言いながら我々を天空へ送り出してくれるさまが非常にシュール。
マッドマウス
一応ローラーコースター系? 一両編成で、ほぼ直角なカーブが多用されており、その時に感じられるガクガク感はどのコースターよりも恐ろしい。
ムーンレイカー
隣にトンデミーナがあるため見劣りは避けられない遠心力系遊具。重力と遠心力で体が押し付けられる感じが面白い。が、最も面白いのは遊具の中心で不気味な存在感を発する宇宙船パイロット(?)と、案内してくれるお姉さんの声。
パニックロック
パニック+クロック。時計の針の先がぷらぷら動くフライングパイレーツ系の遊具。一回転するのでけっこう怖い。
レッドタワー
フリーフォール。一気に落ちるのではなく、スーパーボールのバウンドのように徐々に振幅を小さくして落ちるので、あまり怖くない。が、フリーフォール系がダメなHyperionにとってはいずれにしろ地獄。
ええじゃないか
これはやばい。
これほど本気で絶叫したことはないであろう。レールに接続したアームから左右に伸びる座席には、安心を誘う足の置き場などない。後ろ向きで発進することから、どれほどのぼるのか推測もつかず、眼下の市街地はどんどん遠ざかるのみである。そしてひとたび疾走し始めれば、猛スピード、高速回転、スーパーループの連続で、足は頼りない棒と化し、体躯を引っ張るのみの余計な存在となる。あっという間の出来事ではあるが、安全バーを握りつぶし、腹の底からの悲鳴を上げるだけで100kcalは消費しているのではないかと思うほどの疲労感が味わえる。二度と乗りたくないと思ったが、同行者の熱望により二回乗った。殺意があったとしか思えない。
グレート・ザブーン
ウォーターシュートの改良版。ものすごい勢いで水面に叩きつけられ、そのしぶきは前面からではなく上面から降り注ぐ。カッパを着て搭乗するが、気休め程度でしかなく、特に足は濡れるほかない。冬に乗るものではないと思ったが、同行者は嬉々として二回連続で乗った。無論自分も連行された。
ガンダム・ザ・ライド
ガンダムの3DCG短編映画が、動くシートと大スクリーンで体験できる。ガンダムオタクである我々は、ヘンケンやアムロ、シャア、セイラ、カイなどの勇姿に興奮した。その一方で、頼りになるジムという貴重なものを見られたことに興奮した。アトラクションの出口と直結しているガンダムグッズショップで、ついついHGUCジムを購入してしまいそうになるほどであった。というか、ショップに30分くらいいた。
ゾーラ7
ローラーコースター+シューティング。敵に銃撃し、得点を稼ぐのですが、これがなかなか当たらない… 覚えるまでやり込むほどではないし… 全体的な雰囲気はなかなかよい。
処刑の館
自分でも作れる。
ティーカップ
調子に乗ってまわしていたら、本当に吐きそうになった。一日二、三人は吐いているのではないか。絶叫マシーンとなるポテンシャルを持った遊具である。
メリーゴーラウンド
すいていたので乗ったが、外周の馬は上下に動かないのを知らずに乗ってしまった。残念なことである。メリーゴーラウンドはこのように塗装が剥げかけているのが正しいと思う。
ドドンパ
ム・ハァ」という呪文にテンションが上がる。整備による営業中断にも負けずに乗ると、本当に瞬間的に加速される。うぉ、うぉ、などと断続的な悲鳴を上げているといつの間にかゴールにたどり着いている。怖いことは怖いが、あっという間。ええじゃないかほど後悔している時間はない。
棺桶墓場
最も面白いのは待ち時間に見た「携帯電話禁止」の注意喚起映像。あとは狭い棺桶に詰められ、ザ・ロックアップのショーのようなものを見るのみ。狭さが怖い。閉所恐怖症の人は控えよう。
ゲゲゲの妖怪屋敷
鬼太郎が好きなら、後姿を眺めに行くのも一興。土産屋も充実しており、ついつい妖怪汁など買い求めてしまう。同行者はビビっていたが、正直言ってどうってことはないので無理やり連れまわす。ええじゃないかの仕返しであることは言うまでもない。そんなわけなので有名な超・戦慄迷宮には行かず。
シャイニングフラワー
観覧車。透明なのに乗る。レアらしいが誰も並んでいないので全然待たず。暖房が効いているのが本当に嬉しかった。眺めもよく、富士山がよく見える遊園地というのはいいなあ、と再認識させられた。

以上。乗っていないのも何機種かありますが、これだけでも本当に満足でした。帰りに新宿ルミネ1のtesta-codaで2100円のイタリア料理コースを食べ、その味と(値段の割りの)ボリュームに満ち足りて帰宅。二人で取り分けると沢山味わえていいですよ。いい一日でした。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2007/01/01(月) 13:27:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉旅行

12月9,10日には千葉に行ってきました。いつの話だよと思うんですが紹介したいスポットがいくつかあるのでいまさらながら書きます。

9日未明に車で出発。運転は数ヶ月ぶりですが、とりあえず問題なし。東京の、地元の道こそが一番怖いですね。狭くて交通量が多くて。天気は残念ながら小雨。寒かったです。

9:30、マザー牧場着。駐車場には車が十数台。しかし中で出会った人は十名程度でした。小雨で霧が出てるし寒いし、仕方ないですよね…
寒い中動物を眺めつつ散歩。さすがに観覧車、ゴーカートなどの遊具は稼動していませんでした。西部劇風大迷路「荒野の迷宮」は動いていたのでチャレンジ。三つの高台でスタンプを集めてゴールを目指すルールで、一見簡単ですが、意外と複雑なつくりで、出口のところで躓きました。チケット売り場のおじさんたちが非常に暇そうでした。
続いてウサちゃん(兎)、モルちゃん(モルモット)を抱っこし、牛の乳を搾り、その他もろもろの動物をさわり、帰りたくなってきたので昼ごはんを食べて帰ることに。
迷わず「まきばのミルクラーメン」注文。
いや、クリームシチューみたいで旨かったですよ。ネタになるような味じゃなくてある意味残念でした。
お土産を買って鋸山へ移動。

鋸山(日本寺)は更に寒く、凍える中でっかい大仏や平べったい観音を眺めつつ頂上へ。地獄のぞきというところで下界を眺めることができるのですが、これがもう真っ白。地獄どころか霧で何にも見えず、強風は吹き荒れ、高所恐怖症気味の自分は5秒で退散しました。
怖かったけど面白かったです。

続いて道の駅「とみうら(枇杷倶楽部)」で休憩。隣のなかよしマートで安いジュースやお菓子、すあまなどを買い込みました。田舎のスーパーのものの安さに驚きました。魚介類が安いのはなんとなく解るのですが、全般に安いんですね。

一泊して東へ。二日目は晴天でした。
道の駅「ちくら・潮風王国」で魚(売り物)を見たり展示してある漁船に乗ったり、UFOキャッチャーみたいなものでサザエをとるゲームを見て狂喜したり、生牡蠣食べている人を見てノロウイルスにかかりませんようにとお祈りしたりしました。
道の駅「ローズマリー公園」では公園を眺めたり、芋を食べたり、甘酒を飲んだりしました。なにやら酒粕が入ってないからいいのだとかオバチャンが言ってましたが、このご時世に、いいのでしょうか。摘発されなくて幸運でした。
ローズマリーのソフトクリームを買った時にオマケしてくれた店員さんありがとう。

その勢いで鴨川シーワールドへ到着。亀田総合病院の向かいなので、同級生にあっていきたいとも一瞬思ったのですが、別にいつでも会えるよね。(こうして人は会わなくなっていく。)
ざっと魚を見て、ベルーガ(スーパーファミコンソフト「天地創造」を思い出す名前だ)、イルカ、シャチ、アザラシのショーを見ました。特にアシカショーは面白かったですね。寒かったけど。
30分毎にショーがあるもんだから、一つのショーが終わるとみんなでゾロゾロ次の会場へ、次の会場へと民族大移動を行う様がある種滑稽です。こうしているとあっという間に夜。
そのせいでご飯を食べそこねました。

充分堪能したところで帰路へつきます。途中、アウトレットコンサート長柄へ。
ゴーストタウンかここは。
夜に行った我々も悪いのでしょうが、人がいないこといないこと。昨日のマザー牧場並みでした。正直言って店もなんだかなあというものばかりで、ほとんど買い物せずに帰宅…ああそうだ、ペットショップはかわいい犬がそろってて満足でした。

なかなか面白い旅行でした。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/12/31(日) 19:23:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

データ復元にノートン先生が

今、外付けハードディスクドライブが回転中に、間違ってiPodの充電のためにUSBケーブルを引っこ抜いてしまい、中のデータが読めなくなってしまいました。フォルダごと消失して途方にくれていましたが、空き容量は減ってない。
どこかにある! そう思ってノートン・インターネットセキュリティでディスク全体をスキャン。変なところに隔離されているだけで、ファイルは無事でした…! 今までウザがってごめんね、ノートン先生ありがとう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/10/01(日) 11:13:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

差別と区別の続き

http://medmid.blog23.fc2.com/blog-entry-185.htmlのコメント欄より。

-----------------------------------------------------------------
プッ
一般市民と天皇家は男の女のような関係だってイイタイの?
『言葉にするべき意見』があると思っているなら、
何にも言わないことだ。
2006/09/08(金) 22:16:35 | URL | mado #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------
皇室典範
>>しかし、一般市民(シチズン)と天皇家は区別されるべき存在です。

というのは理解できるけど、男でなければならない理由が「1500年」以外に見当たらないんだよね。1500年、理由になる?1500年たって、日本はようやく成熟した社会に近づいた、と考えれば、女性の天皇が誕生することになんら障害はないと思う。なぜ、男ではよくて、女ではだめか?その理由を現実的に物理的、医学的に考えるチャンスでしょ。
2006/09/09(土) 00:09:12 | URL | 男 #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------
>なぜ、男ではよくて、女ではだめか?その理由を現実的に物理的、医学的に考えるチャンスでしょ。

物理的、医学的に考えることだけが現実的か?
物凄く一面的で偏ってる気がするのだが。。

>男でなければならない理由が「1500年」以外に見当たらないんだよね。1500年、理由になる?

1,500年も続く伝統ならば十分注意を要する理由になると思うのだが。。?

>1500年たって、日本はようやく成熟した社会に近づいた、と考えれば

1,500年前はバカの集まりなので意識の高い現代人の我々が過去を断罪する・・・ずいぶん傲慢で低い歴史意識ですね。でも多分1,500年位前から変わらずよくある考え方ですよね。
2006/09/09(土) 01:28:54 | URL | はぁ? #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------
おお、コメントが(笑)
皇室問題は我々が短時間に得た観念だけで云々するべき問題ではないということです。
卑弥呼は大和朝廷の女王だったと思っているHyperionですから、女系女子もあっていいと思いますが、それすらも我々一世代くらいの観念では語ってはならないものなのです。
皇室典範というここ百数十年で成り立ったものを議論しているのではなく、記紀の時代から受け継がれるものだからこそ重視しているのです。

つまり
>なぜ、男ではよくて、女ではだめか?
というのは物理的(?)や医学的には定めるところではないのです。物理も医学も発達していなかった時代から受け継がれているのですから。

それにしても有名ブログにトラックバックするとコメントがついて活気づいていいですね。乙武氏に感謝です。
2006/09/09(土) 21:56:07 | URL | Hyperion #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------
最後まで読んでくださいね
なぜそこまで伝統を重視する必要があるか、と申しますと

これを言うと批判の声も上がることを承知で言いますが

絶滅危惧種を保護する心境のようなものです。

トキなんていなくなっても大多数の日本人の生活に影響はありませんが、日本のときが絶滅したとき、少しでも心が疼きませんでしたか? そういうことです。(わからない人はわからなくてかまいません。)



さて。皇室に否定的な方も、肯定的な方でさえも、こういうコメントがあって腹が立ちませんでした?
本来はこのコメントは書かないつもりでしたが、「書くと誰かを大いに傷つける文章もある。公開するには留意すべきである。」ということを言いたくて書きました。有名人のブログならなお一層自重すべきです。あれでは批判されて当然です。
2006/09/09(土) 22:16:28 | URL | Hyperion #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------
>>皇室典範というここ百数十年で成り立ったものを議論しているのではなく、記紀の時代から受け継がれるものだからこそ重視しているのです。

「記紀の時代から受け継がれるものだから」ということが、皇室の伝統を保護すべき理由になり得て、「百数十年で成り立ったもの」は保護に値しない、ということ?

皇室をトキに例えた説明はわかりやすいけど、結局理論的な説明は難しいよね。
2006/09/09(土) 23:33:07 | URL | 外科医 #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------
ん~
>>「記紀の時代から受け継がれるものだから」ということが、皇室の伝統を保護すべき理由になり得て、「百数十年で成り立ったもの」は保護に値しない、ということ?

違うでしょ。これは論理のスリカエに過ぎないでしょ。あなたが言っているのは、タリバンがバーミヤンの大仏を破壊した発想と同じ
2006/09/10(日) 02:22:45 | URL | 患者は年齢性別不詳 #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------
>>あなたが言っているのは、タリバンがバーミヤンの大仏を破壊した発想と同じ

わたしは何も言っていない。

>>「皇室典範というここ百数十年で成り立ったものを議論しているのではなく、記紀の時代から受け継がれるものだからこそ重視しているのです。」

という書き込みに対して、その真意を問うているだけで。

「絶滅危惧種を保護する」のははなぜなんでしょう?
2006/09/10(日) 13:28:53 | URL | 外科医 #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------
>「絶滅危惧種を保護する」のははなぜなんでしょう?
それは自分も理論で説明できません。神経解剖学や精神医学には長けておりませんので専門家ならわかるかもしれません。
個人的には人間のエゴイズムだと思います。自分らが万物の霊長であって、多種も保護できる唯一の立場だと思うからでしょう。(そして、それはあながち間違っていないと思います。)
これは皇室問題にそのまま当てはまるとは思いませんが。
2006/09/10(日) 17:43:20 | URL | Hyperion #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------
>「絶滅危惧種を保護する」のははなぜなんでしょう?
>>それは自分も理論で説明できません

「トキの絶滅危惧種を保護する」ことと「皇室の伝統を保護する」ことと極めて似ていると思う。

>そのまま当てはまるとは思いませんが
そう、思う。

結局理由なんてない。でもそれが「伝統がある」という価値判断をその時代に生きた人間がしたということが重要なんだと思う。であれば、伝統を守る必要がない、と考えるのも自由。それ(男系を守ると言う伝統を無理に守る必要はないという考え)が今回の皇室典範改正の原動力になったんじゃないかなあ。
2006/09/10(日) 18:37:22 | URL | 外科医 #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------
静かになって1週間たちますのでそろそろ言いますね。
天皇「家」と、一般市民という個を対比してなにやらおっしゃっていますが、生きた天皇個人と一般市民個人を対比すべきであって、これを頭に入れずに言っているため差別特別とか訳のわからない言葉でしめているわけです。
もし貴方が天皇「家」という生きた人間ではないものをわが国のシンボルとするのであれば、例えばサッカーの日本代表のユニホームに付いているヤタガラスのように自分たちのシンボルとして何の問題もなく、区別とか差別とか言う解ったようなことを言うようなことが無くなるわけです。
ただし、目の前の天皇というのか生きた人間であり、その生きた人間を我々は我々の意見を反映するシステムを持たずにただ与えられるだけと言うことが問題なのです。
なぜならば、人間と人間は同一価値のもののはずですが、貴方のように1500年続いた天皇「家」は別だと誤って思ってしまっている人間が多いからなのです。
貴方の考えは貴方がどう言おうと、人間を差別している考えであり、根源的な差別主義者だといえるでしょう。
2006/09/17(日) 20:21:26 | URL | aozora #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------
市民という概念は「個」ではありません。市民という言葉の語源を勉強なさってください。
また、差別というのは「差別されている側」の概念であり、皇室のかたがたが「差別されているように感じるのでやめていただきたい」と言うまでは差別とは思いません。皇族が自由に発言できるとは考えませんが、少なくとも皇族がそれ(区別)をせぬようにおっしゃるのであれば区別しないつもりですし、皇統の断絶を懸念する以外ではとくに一般市民と別に考えてもおりません。
もちろん「ちびくろサンボ」のような作品も、黒人が自ら「差別である」と言うのならまだしも、「黒人差別をなくす会」などという関係のない団体がどうこう言おうと、差別的な作品とは思いません。
2006/09/23(土) 21:41:40 | URL | Hyperion #- [ 編集]
-----------------------------------------------------------------


以上。もりあがっているものです。昔の記事になりましたので続きはここでやってください。
話がだんだん逸れていっているのでHyperionの考え方をまとめますと、

・皇室大好き
・伝統は意味があると思う
・よって皇統を継ぐための男子誕生をことさらに祝う人たちの考え方に賛同する
(女じゃなくて良かったということではないですよ。要するに、人々の中にそういう考え方が生まれるのもごく自然なことだということです。Hyperionはいまさら男児が一人生まれたくらいで皇室が安泰とは思いませんから、旧宮家復帰を願っています。皇孫の誕生はもちろん喜ばしいことです。敬宮愛子内親王殿下の誕生のときもお祝いに曲を作りました。)
・そしてそれは差別ではないと思う

以上です。皇室典範は男系女子は賛同し、女系女子は反対するので差別主義者ととられても結構です。女人禁制を守った大相撲協会と同様の差別主義者です。(あれは当事者である女性が「差別だ」と言ったから差別です。)つまり自分の中では区別主義者です。ただし(差別と区別の違いがわからないような人でも)差別主義者と呼ぶのであれば皇族一人の意見でかまいませんから、「自分はそういう考え方を差別と思う」という意見をいただいてきてください。

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/09/23(土) 21:57:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボランティアに代わる言葉は

産経新聞より。
http://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku/200609/060904b.html
> ≪教員評価を厳格化…下村博文衆院議員≫
(中略)
> テーマは10くらいあるが、例えば、子供たちに、1人で生きているのではなく、社会みんなで助け合って生きているのだと実体験してもらうために、奉仕活動、ボランティア活動を必修化しようという案がある。
> 高校卒業は3月だが、大学入学は9月にする。半年のブランクのうち3カ月間は、介護施設などで奉仕活動をしてもらい、その経験がなければ大学に入学させない。
> それから、駄目な教師は辞めさせる。一方で、いい先生の待遇をよくするという体系に変える。親が学校に期待しているのは、いい先生だ。
> ジェンダーフリー教育は即刻やめさせる。自虐史観に基づいた歴史教科書も官邸のチェックで改めさせる。

(後略)

メカ沢くらいいいこと言っています。(メカ沢…「魁!クロマティ高校」という漫画の登場人物。)
しかし気になるのが「奉仕活動、ボランティア活動を必修化」というくだり。奉仕やボランティアって対価を求めるものではないと思うので、違和感を覚えます。ボランティアに代わる言葉を、わかりやすい日本語で何か作る必要があるのかもしれません。社会参加とかでしょうか。
いずれにしろ、日本にはこのようなまっとうなことを言う政治家もいるということで、未来はそれほど暗くないぞ、といった印象です。

ただ「駄目な教師は辞めさせる」というのも実行できれば良いのですが、判断基準があいまいでは有名無実となってしまいそうな予感がします。

テーマ:教育問題 - ジャンル:ニュース

  1. 2006/09/09(土) 23:38:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

差別と区別のわからない人

乙武洋匡氏のブログにて以下の記事。
http://sports.cocolog-nifty.com/ototake/2006/09/post_f549.html
>紀子さま出産
>世間は昨日から「めでたい、めでたい」と騒いでるけど……
>ひとつの命が誕生したことがめでたいの?
>それとも誕生した命が「男児だったから」めでたいの?
>どちらにしても。
>これで、また大事な議論は先送りにされてしまうんだろうなあ…。


乙武洋匡氏の言いたいことはわかります。前半は氏の様な障害者も健常な人も、男も女も、生まれてきたときには同等の祝福の言葉を持って迎えるべき、ということでしょう。自分もそう思います。後半は皇室典範改正のことを言っているのでしょう。自分も皇室典範は改正されるべきだと思います。側室制や男系女子天皇の容認、皇籍離脱した宮家の復帰などは必要だと思いますから。

ですが、これは的が外れた意見なのです。少なくとも、言葉にするべき意見ではないのです。
障害者などを差別することはあってはいけません。差別意識を個人からなくすことはできないとしても、誰かが誰かから明らかに差別されてしまうような自体は、できうる限り避けるべきです。
しかし、一般市民(シチズン)と天皇家は区別されるべき存在です。
現代がいかに「性差別のない」「身分の格差のない」社会だからといって、1500年以上の歴史をもった皇室を、現代に生きる人たちがその時の観念だけで抹消する権利はないと思います。

差別と区別を混同するとこういう意見が生まれるのでしょう。
男女平等だから、学校の点呼で男の子を「くん」、女の子を「さん」という風に呼びわけない、という人たちに「じゃあトイレや更衣室もいっしょにしましょう」と言ってみたいです。
ただ、乙武氏の場合少なからず被差別者であったと思いますから、そういう話題にセンシティブになるのも、少しは理解できますが。

テーマ:皇位継承問題 - ジャンル:ニュース

  1. 2006/09/08(金) 21:41:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

親王殿下誕生おめでとうございます。

産科研修中にこのようなおめでたいことがあって嬉しい限りです。ちなみに、本日うちの病院でも男児のご出産がありました。
皇位継承者という意味も大変大きいと思いますが、いずれにしろ世界で例のない1000年以上の皇室で、新しいお子様が誕生したのですから、国際ニュースレベルのニュースには間違いありません。
敬宮愛子内親王が誕生されたときに一曲作ろうと思っていて、いまだに完成していない曲があるのですが、これを機に完成さたい気になりました。

それにしても読売新聞さん、帝王切開はカエサルがその方法で生まれたから、ではありませんよ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/09/06(水) 19:49:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

としまえんに行ってきました

昨日はとしまえんに行ってきました。
プールが9/3で終わってしまうので、近場だから行っておこうかと思いまして。
行ったら、乗り物はジェットコースター以外並ばずに乗れる状況。土曜だというのに…プールに行く前にたっぷり堪能してから泳ぎました。結局寒くて早くあがっちゃいましたが。
しかし整備中のマシンが多くて、並んでる途中にも「整備が必要になったので別のアトラクションに行ってください」と二回も言われる始末。開園80周年だそうですが、老朽化が問題のようですね…

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/09/03(日) 21:34:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Hyperion

Author:Hyperion
患者:26歳の男性
主訴:インターネット熱の再燃。
現病歴:
2005年2月、医師国家試験受験。合格。4月より研修医となった。
アニメ・特撮・漫画・ゲームが大好き。ブログテーマも自然とそちらへ偏る。ウルトラマンメビウスが終わったらブログのネタもなくなりそうな勢いである。当初に想定していた「医学」「音楽」ネタは今や1割以下。
既往歴:
1999年3月よりひっそりMIDI系サイト HyperionのMIDI ROOM を開設。
1999年4月より大学医学部に入学。譜面もろくに読めないのにオーケストラに所属し、トランペットを習う。
2002年7月にMIDI熱は一旦冷め、上記サイトは放置された。パスワードもわからない。
家族歴:特記すべき事項なし
過敏症(その話題に触れると過剰反応をするモノ):
ウルトラマンシリーズ(主にM78星雲出身)
ガンダムシリーズ(主に宇宙世紀)
めぞん一刻/うる星やつら
XXXHOLiC/CLAMP学園探偵団/東京BABYLON
トップをねらえ!/トップをねらえ2!
新世紀エヴァンゲリオン
おジャ魔女どれみ
ギャラクシーエンジェル
よつばと!/あずまんが大王
逆転裁判
涼宮ハルヒの憂鬱
ひぐらしのなく頃に
ローゼンメイデン
その他多数

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。