メドとミドの医学音楽日記

現役医師という職業条件を生かした日記ないし雑文がメインです。 趣味の音楽(オリジナルMIDI)の公開もしてます。 その他色々な話題を扱っていこうと思います。 管理人:Hyperion

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昨日で麻酔科終わり

昨日で麻酔科が終わりました。
自信の程は
★★★★★ 脊髄くも膜下穿刺 できると思います
★★★★☆ バッグマスク呼吸 うまくなりました
★★★☆☆ 気管内挿管 普通の人なら…
★★★☆☆ 硬膜外麻酔 できなかったときの対処法がいまいち
★★☆☆☆ 神経ブロック バッチリ効いたためしがないです
やってよかったと思う手技ばかりです。
病院によっては麻酔科はまわらないこともあるようですが(麻酔科/救急となっている)、救急と同レベルで必修の科だと思います。

明日からは選択で整形外科です。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/04/29(土) 12:52:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Awakeでやる手術は

小さな手術であれば、意識のあるまま(起きたまま)行うこともできます。
起きていることをAwakeというのですが、この手術は寝ている状態でやるのとはだいぶ異なります。
患者さんはしゃべりますし、逆に我々のしゃべることも患者さんに聞こえます。
患者さんを不安にさせるようなことは言えません、
たとえ失敗しても、何事もなかったかのように静かに対応します。

中でもAwakeの手術で一番違うと実感するのが、「上の先生に怒られない」です。
手術をしていると色々なことで上の先生に怒られますが、Awakeの場合は黙々と事が進みます。大きな失敗があれば無言で叱られますが(笑)
患者さんに手術の前に「起きて手術しますか? 寝て手術しますか?」と訊くのですが、「起きていたい」と言う人(少数派)だと多少安堵感があるのは、まだまだ自分が叱られ通しの未熟者だからかもしれません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/04/27(木) 20:42:47|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:ロマンシングサガ2

テーマ:ロマンシングサガ2
ジャンル:テレビゲーム(スーパーファミコン)

コメント:
スクウェアソフトが出したRPG作品です。当時自分はファイナルファンタジーにハマっていました。
自然とファイナルファンタジーを発売している「スクウェアソフト」に興味を持ちました。
聖剣伝説2やSaGa3時空の覇者を経て、スクウェアソフトへの信頼はさらに熱くなり、ついつい「メーカー買い」してしまったのがこのソフトです。
正直言って最初はそのシステムと難易度に戸惑いました。
しかし理解してからの面白さ、奥深さ、絶品です。
陣形システム、ひらめきシステム、皇位継承システム。どんな遊び方も自由自在です。
サガシリーズは最も好きなゲームシリーズのひとつですが、ロマサガ2は今でもサガシリーズの頂点だと思います。
自由度が高すぎてあまりゲームの説明をすることができないのですが、長大な歴史を自分で作る楽しさは他では味わえません。
(サガフロンティア2がそれを再現しようとしたのだと思いますが、うーん、違うんだよなあ…)
色々な楽しみ方がある作品だとは思いますが、自分の自慢は「ジェラールが人魚と心中した」です。
わかる人だけわかってください(笑)

テーマ:レゲー - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/04/25(火) 20:35:24|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第3話 ひとつきりの命

ウルトラマンメビウスも第3話。
今回の怪獣はバードンです。ゾフィーとタロウを倒した強敵。
画面の中の人たちも強さをアピールしてます。
解説しないとただのおたふく風邪ひいた鶏みたいな弱そうな怪獣だもんなあ。
前半で早くも変身し、早くも死にそうなメビウス。ゾフィーよりも早いよ…

ウルトラマンの死んだ例でタロウが確認できましたね。
今生きているかどうかはいまだに謎ですが。

再戦時もバリアに助けられて「まだまだ」という感じですが、なにはともあれあのバードンを光線一撃で倒したということは、必殺技の威力は強そうです。
今回でウルトラマンメビウスという名前が周知のものとなりました。
自己紹介お疲れ様。

来週はミクラス+新怪獣ですね。
時々ミクラスだかミクロス(ドラえもん のび太と鉄人兵団のスネ夫のおもちゃ)だかわからなくなる自分は特撮ファン失格です(笑)。

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/04/23(日) 21:57:22|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:秘本三国志

テーマ:秘本三国志
ジャンル:時代小説

コメント:
史書をベースに、作者である陳瞬臣の独特の解釈を加えた三国志です。張飛の字(あざな)が翼徳になっているので一応「史実ではない」というスタンスなのでしょうか。
でも、三国演技ベースの作品とはかなり異なった話になっていると思います。
五斗米道なんてほとんど知らなかったのですが、この本では主役です。ここからして一線を画していますが、破天荒な展開ではなく、逆に物語にリアリティを持たせています。
正史をベースにした作品として、漫画の蒼天航路がありますが、物語の整合性や奥深さはこちらのほうが上だと思いました。。
(見せ方としてはやはり蒼天航路が今のところベストです。)
関羽がわりと凡庸な感じに描かれている作品は珍しいので、面白いです。関羽ファンは怒るかもしれませんが…

(この作品の影響で、自分の真・三國無双4Empiresのデータには、エディット武将(自分で勝手に作れる武将)として少容がいます。) [お気に入り紹介:秘本三国志]の続きを読む

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/22(土) 10:56:15|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

亜酸化窒素は助燃性

麻酔では亜酸化窒素(笑気)をよく使うのですが、調べてみたところこのガスには助燃性があるそうです。
助燃性。酸素以外にもその性質を持つガスがあることを知らなかったのでちょっとおどろきました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/04/20(木) 22:19:49|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:MOTHER2

テーマ:MOTHER2
ジャンル:テレビゲーム(スーパーファミコン、ゲームボーイアドバンス)

コメント:
任天堂から発売されたRPGです。
ラスボス。この一言に尽きる。
他にもムーンサイドとか語るべき所は色々ありますが、ラスボス(最後の敵)戦でこのゲームの評価は急上昇しました。
遊びやすくできているし、独特の世界観があるのでもともと「面白いRPGだなー」とは思っていたのですが…
ネタバレになるので詳しくは書けないですが、これをクリア(プレイではない)することができて幸せです。
幸せな世界を味わいたい人、是非このゲームを「クリア」してください。
もうすぐ発売ですし、MOTHER3もやってみたいです。

テーマ:MOTHER3 - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/04/19(水) 21:09:04|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガラスの注射器

最近は採血や注射などで使用する注射器は、プラスチックのディスポーザブル(使い捨て)が主です。
しかし、麻酔科で使用する注射器はガラス製です。
これが曲者で…持ち方が悪いと、中に入れた薬液がすぐ出てしまうんです。
やっとまずまずうまく持てるようになりましたが、もうすぐ麻酔科は終わり。
ほとんどガラスの注射器を触る機会もなくなるでしょう。
残念なようなほっとしたような…

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/04/19(水) 01:25:25|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CACAO99%を食べてみた

明治製菓の「チョコレート効果 CACAO99%」が今話題になっているので、早速買ってみました。

別に健康を意識したつもりはないのですが、自分はポーションとか、カレーヨーグルトとか、まずいと言われていた物でもおいしく食べることができた過去を持つ人間なので、CACAO99%も余裕だろうと、話の種に食べてみる気になったのです。

まずひとかけら、口に持っていきます。
ん、香り高くてこれはイケそうです。
イケそうです。
イケそうな気がしただけでした。

苦い。苦いよ。薬の苦さだ。

というわけで、半分くらいしか食べられませんでした。
でもこの味を体験できたことで人生の経験値が5はアップしたことでしょう。

良く見たら注意書きに
非常に苦いチョコレートです。お口で少しずつ溶かしながら、
又は甘い飲み物と一緒に召し上がることをお勧め致します。

とありました。

意味ないだろ。
何のための99%だよ…

テーマ:健康食品 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/04/17(月) 20:59:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第2話 俺達の翼

ウルトラマンメビウス第2話です。
そこまで露骨にグドンの解説をするか…
スペシウム弾頭弾という兵器も登場し、ウルトラ兄弟の世界とのつながりが随所で感じられます。

相変わらずメビウスは弱いです。今回はグドンを投げ飛ばして空き地で戦ったようですが、戦闘スタイルも今後進歩していくのでしょうか。

そして、飛んだ、飛んだよ! 怪獣の身体の一部が!
首チョンパまでは行かなかったですが、今後の発展に期待します。

来週はもうバードン。メビウスもう死んじゃうのかな…?

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/04/16(日) 19:00:07|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

テレビ調子悪し

テレビの調子悪くて点いたり消えたりするので、
ウルトラマンメビウスは録画を見ることとしました…
久々に生でウルトラマンを見られるチャンスだったのですが。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2006/04/15(土) 17:38:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:ゴジラVSビオランテ

テーマ:ゴジラVSビオランテ
ジャンル:特撮映画

コメント:
初めて見たゴジラ映画がこれ、ということもあって、ゴジラシリーズの中でも最も好きな作品です。
理系の自分には燃える展開の続出でした。
ゴジラとバラとヒトの細胞から人間が作り出した怪獣「ビオランテ」、対ゴジラ兵器である抗核バクテリア・サンダーコントロールシステム、無人機であるスーパーX2(あれだけの科学力があるならやっぱり無人機でしょう!!)
ストーリーもしっかりしており、二時間余すところなく楽しめました。ビオランテの最終形態もかっこいいし。
ゴジラ対人間、ゴジラ対怪獣、どちらも楽しめる逸品ですので、見たことのない方は是非一度ご覧になってください。

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

  1. 2006/04/13(木) 23:11:08|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後発医薬品

うちの病院でも、院外処方(病院外の調剤薬局で薬を買う方式の処方)では後発医薬品が使用できることとなりました。
よく言われる「ジェネリック医薬品」ですが、この呼び名には反対です。
ジェネリックとは「一般名」のことであり、日本では後発医薬品も商品名で呼ばれているからです。
まあそれはさておき、多くの患者さんにとっては、同じ効果の薬品を安い値段で入手できるのですから、よいことでしょう。

ですが欠点もあります。

以下はwikipediaの文章からの抜粋です。
>販売実績が少ないため、市販後調査が少ない。また、調査結果が反映されていない恐れがある。
>有効成分が先発品と同じでも、カプセルの質や錠剤化する技術の差などで、有効成分の吸収時間などが微妙に異なる場合があるといわれている。この場合、たとえば胃で溶けることによって薬効が期待されるのに、他の部位で溶けることで薬効が薄くなる場合がある。しかし実際には、後発品も厚生労働省に承認を受けた製造方法と製造施設を経て信頼テストに合格した薬品が提供されているため、薬物動態的にも同様の先発品と差がないとされる。ただしこれらの検査は、同じ製品でも工場が違えばできる製品が異ってくるように、全く同じであることを保障するわけでは無い。
>後発企業の多くは準大手・中小企業であり、経済政策上、製品をロット単位でのみ造り切り在庫を抱えないことがある。そのため需要と供給の緩衝が少なく、急激な社会変化に生産が間に合わない可能性がある。また、医薬品以外の部位の素材を安価に済ませていることがあり、外装が脆い、チューブが壊れ易いなどの欠点を持っていることがある。

他にもあるので、リンク先を呼んでいただけたらと思います。
賢く利用していくのが一番ですね。自分も、積極的に後発医薬品を使っています。

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2006/04/12(水) 22:15:16|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第1話 運命の出逢い

ついに始まりましたウルトラマンメビウス
昨日は前述した後輩の指導のため、生では見られなかったのですが、
最初っからやってくれてます。
口が動くちょっと気持ち悪いウルトラの父
そして次々出てくる兄弟!
初代ウルトラマンゾフィーセブン帰ってきたウルトラマンエース
アストラレオユリアン(!)、80(!)
そのあと飛んでくるやつは…よくわからんがセブンと初代でしょうか?
…あれ、タロウは?(公式サイトにはいるので大丈夫でしょうが)
ウルトラアレイなんかも出しちゃって、ウルトラの父、張り切ってます。
そしてオープニングテーマでウルトラの母の姿も確認。

怪獣出現は25年ぶりのこの世界、やはり80から直結のようです。(ゼノン…さらば…)
しかしウルトラ5つの誓いなんて冒頭で唱えちゃうなんて、子供置いてきぼりですね、この作品。
帰ってきたウルトラマン世代は今ちょうど小さい子がいる年代ですし、
親子で楽しむのが前提なんでしょうか。

ウルトラマンメビウスはぎりぎりまで変身せず、街がだいぶ破壊されたところで登場。
その上、カラータイマーが点滅するまで逃げる逃げる。
格闘シーンもなくいきなり光線技。
そりゃ文句も出るよな。
でも、これから成長していくのが見られるのでしょう。

しかし新怪獣ディノゾール、光線一発でやられちゃうには惜しいキャラでした。
レオのときのように、前後編にしてもよかったんじゃ…?
これからの展開に期待です。

来週はグドン登場です。

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/04/09(日) 10:09:38|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

新任研修医の教育は自分の教育

先週木曜からあたらしい研修医が病院に来ました。
うちの病院は外科部長が厳しいので、外科を回ることになった人は早くもグロッキーです。
今日自分は当直明けで家に帰ったところだったのですが、カンファレンスのための発表準備ができずに大変だということで、病院に引き返して指導しました。
「指導する」と偉そうに言えるうほどのことはできないのですが…

しかしこうやって指導して気づくのは、人に教えるのは、自分にとっても勉強になりますね。
これからも後輩の指導といいつつ、自分の研鑽をしたいと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/04/09(日) 00:25:50|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の医者は少ないのか

日本の医師数は192か国中、63位とのことですが。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060407i102.htm
人口1000人当たりの医師数は1.98人。OECD加盟国の中では最低クラスといいますが、充分な多さと思います。
1位はサンマリノで47.35人とのことですが、20人に一人が医者でやっていけるのでしょうか? 商売としてではなく、技術の面で。
医者というのは、多ければいいというわけではないでしょう。
それよりも、医者になるのは難関であって、一人一人が高水準の知識と技術を持っているほうが、自分は安心です。
OECD加盟国中最低水準の医師数で、高い水準の医療が実行できている現在の状況を誇るべきだと思います。

テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/04/08(土) 09:53:31|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:デュープリズム

ブログのネタもあんまりありませんので、自分のお気に入りを紹介するコーナーを作りました。
ジャンルを問わず好きなものをどんどん語っていきます。

テーマ:デュープリズム
ジャンル:テレビゲーム(プレイステーション)

コメント:
スクウェアソフト(現スクウェア・エニックス)が出したアクションRPG作品です。
自分はアクションRPGが大好きで、同社の「ブレイブフェンサー武蔵伝」をオマケ(ファイナルファンタジー8体験版)目当てではなく本体目当てで買いました。
その作品が面白かったので、同社が次に出すアクションRPGということで注目していました。
結果として、このゲームに出会えて幸せです。
アクションゲームとしては平均以上。普段の戦闘ではボタンひとつでサクサク進める楽しみがあり、ボスなど強敵では魔法や特殊技を駆使して攻略法を見つける楽しみがある。
ストーリーは、ちょっとありがちかもしれません。現在より優れていた過去の文明の「遺産」を手に入れるため奮闘するストーリーです。一回クリアするのに10時間以内と思われますので、奥深いとも言えないでしょう…(正直言ってもっと続けたかった。)
しかしなにより優れているのはキャラクターとその芝居です。
芝居?と思われるでしょうが、このゲームではキャラクターがきちんと芝居している実感があります。
この、かわいいキャラクターがテレビという劇場の中で踊りまわっているような感覚、プレイステーション2のような、リアルな映像表現ができるゲーム機が出てきてもなかなか味わえないように思います。
まさにキャラクターメイキングの勝利だと思います。
プレイステーションをお持ちの方は、是非プレイしてみてください。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/04/07(金) 00:08:12|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歯が取れた

今日も全身麻酔のため気管内挿管をした患者さんがいました。
手術も終わり、麻酔を覚ますという段階。
麻酔からさめた患者さんが激しく挿管チューブを噛みました。
それ自体はよくあることなので、口の中を噛んだりしないようにバイトブロックというものを口にかませておりましたが…
患者さんがそれを思いっきり噛み、差し歯であった前歯が二本も取れてしまいました。
一本はすぐ拾ったのですが、二本目はのどの奥へ落ちてしまい、結局一次的に鎮静して取りました。
指導医の麻酔科の先生も経験がないとのことであせりました…
差し歯の人にはガーゼがよいかもしれませんね。

テーマ:病気 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/04/06(木) 22:41:08|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IVHポート埋め込み

今日は麻酔科の担当する手術が少なくてヒマになったので、外科のIVHポート埋め込み術に入らせてもらいました。
こういう融通が利くのが研修医のいいところです。
IVHとは、中心静脈と呼ばれる太い血管から、高カロリーの輸液(点滴)を行う栄養補給法です。
対象となったのは悪性胸膜中皮腫という、一種のがんの患者さん。
食事が取れなくなってきているため、点滴での栄養補給に頼らざるを得ない状況となったので、今回自宅で高カロリー輸液を行う「在宅中心静脈栄養」を行うためのIVHポート挿入となりました。

IVHポートというものを皮膚の下に埋め込むと、医師の指導を受けた家族が、自宅で点滴の交換をすることができます。
生命予後(あとどれくらい生きられるか)は変わりませんが、自宅で点滴治療を受けられることで、生活の質(Quality Of Life=QOL)を向上できるのは間違いありません。今回の患者さんも大変喜んでいました。

なにより久々に手術をできたのが楽しかったです。
内科希望なんですが、外科の面白さはなんとも言えません…

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/04/05(水) 21:39:09|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

crush induction

今日、緊急手術がありました。
おなかが痛いというおばあさん。腹部症状と画像(レントゲン、CTなど)の所見から、消化管穿孔(胃腸に穴が開いたこと)による汎発性腹膜炎(おなか全体がばい菌などで炎症を起こした状態)と診断され、手術となったものです。

手術室に到着したのが午後4時。おばあさんはお昼までご飯を食べていました。胃の中は食べ物が残っている状態です。

汎発性腹膜炎の手術では全身麻酔が必要ですので、気管内挿管を必要とします。
気管内挿管を行う前には、酸素マスクを装着し、酸素を流したバッグを押すことによる「バッグマスク」換気を行い、体内の酸素を十分に多くしておくのが普通なのですが、このような状態で空気をおなかに送ると、嘔吐して、吐いたものが肺に入る「誤嚥」が起こってしまいます。
そのため、のどの上から食道を押しつぶして逆流を防ぐcrush inductionを行います。

しかし今日は一瞬の隙に、吐物が大量に口の中にあふれてきました。
口の中は見えず、気管の入り口である「喉頭」はまるで見えません。

あせりました。

ですが、吐物を吸引することで何とか挿入できました。
手術も無事終了。
こうして書いてみるとなんでもないようなことに感じられますが、大変勉強になった症例でした。

テーマ:病院 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/04/04(火) 23:49:55|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンマックス 最終回 その2

ウルトラマンマックスの実質的な最終回は先週でしたが、今週はスペシャルフィナーレ=総集編でした。

最後に総集編を持ってくるというのもなかなかいいですね。
去年の夏、久々にM78星雲からやってきたウルトラマンということで期待しながら見たのが思い起こされます。
ハヤタとフジアキコのほぼレギュラー出演、ウルトラマンやセブンの怪獣の出演、実相寺昭雄監督の参加など、心躍る作品でした。
平成になってから必ずといっていいほどあった「モードチェンジ」もなく(マックスギャラクシーは…帰ってきたウルトラマンのころからある伝統だからいいか…)、マックス自身の強さもきちんと現れていたと思います。
(そのせいかゼノンは…言うまい…)

特撮シーンもビルがジャンジャカぶっ壊されてて、予算をどれだけ使ったのか心配になるほどでした。

来週からはM78星雲からのウルトラ兄弟「ウルトラマンメビウス」の登場です。マックスとは違う世界のようですが…セブンは出てきそうです。
メトロン星人の回で、セブンとマックスの世界は直接つながってることが示唆されていたので、時間軸的には

ウルトラマン┬──ウルトラセブン─…─ウルトラマン80─メビウス
 │      └?─ウルトラセブン─平成ウルトラセブン─マックス
 └?─ネオス?

となるのでしょうか…
まあそんなこと考えても仕方ないので楽しみに待ってます。
今後ゼノンに会える機会があることを祈って…(笑

テーマ:特撮 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/04/02(日) 12:18:07|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尊厳死について

富山県射水市民病院の外科部長が末期の患者さんの人工呼吸器をはずした問題について色々騒がれています。
その外科部長の行ったことの是非を問うつもりはありません。
ですが、今後の尊厳死・安楽死の法制化を遅らせることになってしまわないか、それが心配です。

個人的には、本人の同意を得たうえでの尊厳死は当然であるし、場合によっては本人・家族の同意を得たうえでの安楽死はあっていいと思います。

そのためにも、入院時どの患者にも「尊厳死を希望するか」を確認するべきだと思います。

この問題についてはまた後日。

テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/04/01(土) 15:27:50|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Hyperion

Author:Hyperion
患者:26歳の男性
主訴:インターネット熱の再燃。
現病歴:
2005年2月、医師国家試験受験。合格。4月より研修医となった。
アニメ・特撮・漫画・ゲームが大好き。ブログテーマも自然とそちらへ偏る。ウルトラマンメビウスが終わったらブログのネタもなくなりそうな勢いである。当初に想定していた「医学」「音楽」ネタは今や1割以下。
既往歴:
1999年3月よりひっそりMIDI系サイト HyperionのMIDI ROOM を開設。
1999年4月より大学医学部に入学。譜面もろくに読めないのにオーケストラに所属し、トランペットを習う。
2002年7月にMIDI熱は一旦冷め、上記サイトは放置された。パスワードもわからない。
家族歴:特記すべき事項なし
過敏症(その話題に触れると過剰反応をするモノ):
ウルトラマンシリーズ(主にM78星雲出身)
ガンダムシリーズ(主に宇宙世紀)
めぞん一刻/うる星やつら
XXXHOLiC/CLAMP学園探偵団/東京BABYLON
トップをねらえ!/トップをねらえ2!
新世紀エヴァンゲリオン
おジャ魔女どれみ
ギャラクシーエンジェル
よつばと!/あずまんが大王
逆転裁判
涼宮ハルヒの憂鬱
ひぐらしのなく頃に
ローゼンメイデン
その他多数

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。