メドとミドの医学音楽日記

現役医師という職業条件を生かした日記ないし雑文がメインです。 趣味の音楽(オリジナルMIDI)の公開もしてます。 その他色々な話題を扱っていこうと思います。 管理人:Hyperion

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

笑ってコラえてを見て

本日の1億人の大質問!?笑ってコラえて!にてシマセイキ社長の島正博さんという人が紹介されていました。
途中から見たのでよくわからないですが、学生時代から音のしない下駄を作るために、下駄にゴム栓を埋め込むための特殊なドリルを開発したり、すごい発明をいくつもしているようです。
こういう人たちが戦後のわが国を支えてきたのだな、と思います。
久々にテレビを見ていて楽しいと思いました。こういう番組もっとないかな…
スポンサーサイト

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/05/31(水) 20:25:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第8話 戦慄の捕食者

電流攻撃をするのは再生(二代目)エレキングではなく、初代のだという講釈から始まる番組最高。
なんだこのオタク番組。(いい意味で。)
やっぱりDASHの倒したウルトラマンマックスのエレキングや、平成ウルトラセブンのエレキングはノーカウントなんですね。ちょっと寂しい。ウルトラファイトのボロボロエレキングは…とうぜんノーカウントですよね^^

ところでたびたびウルトラ5つの誓いを繰り返す前隊長セリザワ・カズヤとアイハラ・リュウですが、セリザワ隊長って帰ってきたウルトラマンの坂田少年なんでしょうかねえ?(友人から教わった、とは言っていますが、本人の可能性も大いにあると思います。
だとしたら、長い年月をかけてウルトラマンになれた坂田少年の物語として、ハンターナイトツルギの活躍を期待します。
ボガールはイラネ…

ネロンガとエレドータスも思わぬところで登場した今回のエピソード、オッサンにはたまりませんな。まあ、ただ写真が出ただけですが。
っていうかはやくウルトラマンA、レオ、80の怪獣も出せ。

そして今回の助演男優賞は、パンクヘッドのイカルガ・ジョージさんでした。ぱちぱち。

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/05/30(火) 21:22:34|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

医療訴訟を防ぐのは

今、病院で医療訴訟になってもおかしくない患者さんがいます。
でも、現在のところそういう問題には発展しないようです。
主治医と患者の間でしっかりコミュニケーションが取れているからです。
今後自分がミスしないとは限りませんし、必ずミスは起こるでしょう。
その時のためにも、患者とのコミュニケーションを大事にしなければと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/29(月) 22:19:10|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インターネット発、歴史に残る文章

歴史に残る名文は数多くありますが、インターネットという不特定多数の人間が文章を創作する場でも、日々すばらしい文章が生まれています。

さっき、川原でやった六尺兄貴凄かったです!ガチムチの色黒兄貴がオッス連呼で
張型ケツにぶちこまれ腰振ってました。俺もくわえさせられて浣腸食らい無様に
排便さらしました。バリカン出されたときは一瞬引いたけど、兄貴の「いやなら
止めていいんだぜ!」の一言で覚悟決め、生まれて初めて丸刈りになりました。そ
の後、脇・チンゲも刈られてビンビンのマラ、思いっきりしごかれ派手にガチムチ
兄貴の顔に飛ばしました。スッゲー男らしく気持ちよかったです。また行くとき
カキコして下さい!帰ってから丸刈りの頭見て、また感じまくってます!


この文章は下品ですが、男らしさに溢れる名文だと思います。
数年前から頭から離れないのが困るくらいです…

テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/28(日) 20:40:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボイジャーってすごい

ちょっと古いニュースですが。
米探査機ボイジャー、「太陽圏」のゆがみを発見(yomiuri online)
すごいことですよね。
(ボイジャーに関してはボイジャー計画ボイジャー1号ボイジャー2号を参照してください。)

ポルノグラフィティの「アポロ」じゃないですが、僕らの生まれてくるずっとずっと前にはもう、ボイジャーが地球を発していたわけです。
宇宙開発の歴史を紐解くと、
1957年、最初の人工衛星スプートニク1号、最初の宇宙犬を乗せたスプートニク2号。
1959年、ルナ1号、月へ接近。
1961年、初の有人飛行、ボストーク1号。
1962年、火星へ接近したマルス1号。
1965年、ベネラ3号、金星へ。
1969年、人類初の月面到達、アポロ11号。
1971年、最初の宇宙ステーション、サリュート1号。
1973年、水星へマリナー10号が。木星、土星へパイオニア11号が接近。
などなど、まさに日進月歩でありましたが、
その直後の1977年、ボイジャー1号、2号は地球を離れました。
実に30年弱、まだまだ彼らが健在で、ついには太陽系を離れるというのですから、そしてまだ通信可能だというのですから、驚きです。
時々フィクション作品で「失われた高度技術」という設定を見かけますが、冷戦という特殊状況下であった当時以外に、この雄大な計画は成し得なかったように思いますから、実質失われた技術であり、生きている間にこのようなニュースは拝めないのではないかと思います。残念ですが…
なんにせよ、宇宙のロマンをかきたてるニュースでした。

テーマ:サイエンス - ジャンル:ニュース

  1. 2006/05/27(土) 21:33:13|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

病院より愛を込めて

病院のLANを使って、自分のノートパソコンからインターネットにアクセスできることがわかりました。
調べ物したい放題だ!

でもメールはできないのですね…今はwebメールなのでいいんですが、以前使っていたメールアドレス、かれこれ半年もチェックしてません…

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/26(金) 21:00:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第6話 深海の二人

見忘れていたのを忘れていて、やっと見ました。

今回はカザマ・マリナ隊員のクローズアップされる回のようです。
この人っていままでなんか活躍してたかなあ…眼鏡かけてないほうの人、としか認識してなかったなあ…
古株サコミズ・シンゴはこの子とも相性が悪いようです。今週も無駄にウザい(笑)。

そして今回の新怪獣は怪獣を捕食する怪獣。ツインテール危うし。
クゼ・テッペイいわくツインテールは「元々は海の怪獣だったんだ」!
だから海老の味なのか!!
メビウスを地味に苦しめるツインテール。意外と強い。ウルトラマンファイティングエヴォリューション3のツインテールくらい強い。

ツインテールは捕食されることなく爆死。
その後不思議ばばあの変身した怪獣(=捕食怪獣)と、渋い親父(前隊長)の変身したハンターナイトツルギが出現。
今回は戦わずに終了します。

こいつら毎回出るのかな? うーん…もう少し終盤で出たほうがよかったんじゃ…

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/05/26(金) 07:24:55|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニュー・スーパーマリオブラザーズを買った

ニュー・スーパーマリオブラザーズを買いました。
面白い。まだ1ワールドしかクリアしていませんが、最初のプレイでは極力サクサクと進めて行こうと思います。
ワールドマップができて以来(3以降)、クッパ(ないしはラスボス)と直接対決するのはラストステージだけだったのが、今回は1ステージラストで早速クッパと対決。
懐かしい感じがありながら、新しいテイストもあるゲームですばらしいと思います。

テーマ:New スーパーマリオブラザーズ - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/05/25(木) 21:53:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィギュア王100号購入

すごい雨が降っている中、フィギュア王の100号を買ってきました。
目的はREVOLTECH(リボルテック)エヴァンゲリオン零号機(クリア成型)。
リボルテックというフィギュアシリーズ自体はすでに発売されているのですが、ゲッターロボやダグラム、デビルメイクライをほとんど知らないので買ってはいませんでした。
なかなかいいですね、これ。
よく動きますし、造形もかっこいい。関節がしっかりしていて大胆なポーズでも自立できるのがすばらしいです。
デッサン人形にも使えそう…

エヴァシリーズとキングゲイナーは必ず買います。
このシリーズでウルトラマンやガンバスター(トップをねらえ!)、ビッグオーなんかが出ないかなあ…毎月二種類発売とのことで、期待しています。

テーマ:フィギュア - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/05/24(水) 19:57:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第7話 ファントンの落し物

宇宙共通語というものがあるのですな。中国語みたいな言語なんですか。
ふざけんな(笑)

今回はコメディタッチの回でした。宇宙人をもてなす料理がすごく安っぽいのが気になる。焼きそばかよ。
と思ったら社員食堂?? よくわかんないけどトリヤマ補佐官の自腹か。

相変わらず不思議ばばあが超怖い。
でもばばあが操る怪獣はバリエーションがなくてなあ…ネクサスじゃないんだから。(ちなみに自分はネクサス大好きです。)

ハンターナイトツルギの正体もよくわからない。ウルトラマンの一族なんだろうか? 似てるだけでアンドロメロスやレッドマンみたいなもんなんだろうか? なんでボガール(ばばあの怪獣)を追いかけているんだろうか?
第二期ウルトラシリーズをめざしているんなら、せいぜいヤプールくらいのミステリアスさが妥当だと思うんですけどね。

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/05/23(火) 22:55:17|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木崎湖はすばらしい

一昨日から昨日まで旅行してきた木崎湖は「おねがい☆ティーチャー」「おねがい☆ツインズ」というアニメ作品の舞台で、前回は何も知らないままそれらが好きな同級生に連れて行かれたので、「普通の所じゃん」くらいの印象でした。
今回はアニメを見たこともあって、「ああ、ここが出てくるシーンあったあった!」という喜びとともに、「木崎湖は良い」という思いが強くなりました。

基本的に旅行は一回行ったら飽きるタイプなんですが、二回目で面白かったのは京都以来です。京都は見るものも沢山あるから飽きないのもわかるんですが、木崎湖はそうでもない。どっちかというとただの田舎です。
しかし、なんというか「過ごしやすい」ところでした。何もせずにボーっとしているのも楽しい感じ。社会人ともなると二泊以上の旅行は難しいですが、ここだったら一週間くらい居たくなっちゃいそうです。

前回は知らないアニメの話ばっかりで少し気分が明るくなかったので、この魅力を見逃していたのでしょう。皆さん、ちょっとした休暇に木崎湖に行かれてみては如何でしょうか。

ちなみに犬神家の一族でも使用されるようで、ロケ隊がキャンプ場を占拠しておりました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/05/22(月) 20:40:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日から木崎湖へ旅行へ行きます

今日から木崎湖へ旅行に行きます。
知る人ぞ知るアニメ作品のゆかりの地なのですが。
前回は何も知らずに連れて行かれましたが、今回は予習バッチリですので(笑)楽しんできます。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/05/20(土) 08:10:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ブルーチーズ

Les Creations de NARISAWAに連れて行ってもらいました。
フランス料理は食べなれないのですが、食べやすい味付けでうまかったです。
そして初めてブルーチーズ(ロックフォール)を食べたのですが…



(あまり快くない表現なので、見たくない人は飛ばしてください)



ブルーチーズって褥創(床ずれ)の膿んだにおいがしますね。
でも味は不思議な刺激があって面白かったです。

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

  1. 2006/05/19(金) 23:58:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:かみちゅ!

テーマ:かみちゅ!
ジャンル:テレビアニメ

コメント:
神様になった中学生の物語です。
それだけじゃ意味不明ですが実際不明なので、そこは深く追求せずに楽しむべきなのでしょう。
やおよろずの神様が実在するという設定の世界。奮闘する神様で主人公の一橋ゆりえの姿が愛らしいです。
神の力はわりと万能なようで、大きなことから小さなことまで解決します。
舞台が尾道という実在する町であることもあって、地域性の高いお話が多いようですね。個人的には好印象でした。
惜しむらくは、「アニメーションしよう」という意欲が空回りしたのか、不自然に細かい動きが多かったように見えました。
クチパクだけのジャパニメーションに慣れてしまった自分が悪いのかもしれませんが…
とにかく、日本が好きな自分にとっては愛すべき作品だと思いました。千と千尋の神隠しにも似てるかな。
主題歌もとってもいい雰囲気でした。尾道行きたい…

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/05/17(水) 20:45:31|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベートーベンの第九

ベートーベンの交響曲第九番(合唱付き)を10月に演奏する予定なんですが
第一楽章だけでもバテるくらい難しい…
やめたい…
学生の頃のように練習できないのはつらいですね。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2006/05/16(火) 23:06:26|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:ファイナルファンタジー5

テーマ:ファイナルファンタジー5
ジャンル:テレビゲーム(スーパーファミコン)

コメント:
スクウェアソフトが出したRPG作品です。人生の中で一番クリアした回数の多いRPGと思います。
発売15年以上を経た現在でも、これがまた面白いんです。
ファイナルファンタジーの特色として、作品ごとに新システムをどんどん容れていくということがあると思います。
ファイナルファンタジー1では「職業」「飛空船」「クラスチェンジ」などの(当時の日本ではあまりなかった)システムを
ファイナルファンタジー2では「4人目の仲間が入れ替わる」「レベル制の廃止」などを
ファイナルファンタジー3では「ジョブ(職業)チェンジシステム」などを
ファイナルファンタジー4では「アクティブタイムバトルシステム」などを
次々と取り入れていきました。
ファイナルファンタジー5はその集大成と思います(2の要素はあまりないですが)。
ジョブ(職業)とアビリティ(特殊能力)の組み合わせで、戦略性の高い戦闘が楽しめます。
そのため低レベルクリアーなどの「制限プレイ」を色々楽しめるようになっています。
ストーリー面でも「かつてエクスデス(ボス)を封印した伝説の戦士」がストーリーに深くかかわってきて、なかなか熱いものがあります。
ライバルキャラとして、またギャグキャラとして光るギルガメッシュの存在も大きいでしょう。
もうすぐゲームボーイアドバンスで移植版が発売されるようですが、これを機会に新規体験者が増えるのがうれしいことです。

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/05/15(月) 21:32:55|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wikipediaはすごい

Wikipediaに架空の地名一覧という項目がありますが、
そこに
>ケンタッキー州チライド付近(ケンタッキーフライドチキンのだじゃれ、『T・Pぼん』)
というのまであるのに驚き、爆笑しました。
Wikipedia恐るべし。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/14(日) 20:32:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ニュー・スーパーマリオブラザーズを買おう

任天堂からニュー・スーパーマリオブラザーズが発売されます。
ニンテンドーDS対応ソフトです。5月25日発売。4800円(税込)。
買います。間違いなく。
自分にとってはスーパーマリオブラザーズというゲームは、アルファでありオメガであると考えます。
幼稚園時代に初めて触れたゲーム…そしてルイージとファイアマリオの区別がつかず、友達とけんかしたゲームです。
非常に面白いソフトでした。そして飽きないソフトでした。人の家にファミコンをしに行くとたいていマリオをやってた記憶があります。

マリオは脆弱なヒーローです。クリボーとかいう踏めばぺちゃんこになってしまうようなやわらかい生物にぶつかっただけで死にます。靴が強いのか、マリオの触覚が非常に敏感なのか知りませんが、あれだけの跳躍力を持つ超人でありながら情けない男です。
それだけに、一つ一つのステージがとても丁寧に作られています。絶妙な配置により、その脆弱なマリオの身体に一度もダメージが行かないでクリアできる面がほとんどです。
アクションゲームは数あれど、多くのゲームは「生命力」のようなゲージがあって、何回かダメージを受けていいようになっていると思います。そういう種類のゲームと違い、ゴールしたときの「逃げ切った!」という感じが爽快です。

また特筆すべきは抜群の操作性でしょう。ファミコン時代のゲームは不自然な挙動をするゲームが多かった中、スーパーマリオブラザーズではキャラクターが(自然ではないが)プレイヤーの意図に従って動くということを実現していました。

スーパーマリオブラザーズはファミコンで2、3という「正統なる」続編を出し、ゲームボーイではスーパーマリオランド1、2が、スーパーファミコンではスーパーマリオワールドが発売されました。自分の小学校高学年時代は、スーパーマリオの新作にあふれていた気がします。
しかし、1992年のスーパーマリオランド2 6つの金貨を最後に、2Dのマリオシリーズは途絶えます。
ワリオランド、ヨッシーアイランドという良質のアクションゲームは出るのですが、彼らは突進で敵を倒したり、敵を飲み込んだりする屈強の輩ですし、それだけに敵から1、2回のダメージを食らっても再び立ち上がる体力を持っていました。
マリオとは根本的に違うのです。(同様にスーパーマリオUSAも除外。)

14年が経ちました。
あの頃子供だった全ての人たち。ゲームを買うには充分な収入がある現在、何をためらうことがあろうぞ。ニュー・スーパーマリオブラザーズを買おう!!
買って、楽しんで、任天堂に続編を出してもらおう!!
自分は「テレビ画面で、友達と騒ぎながらマリオを操作した」あの幸せを今いる子供にも味わわせたいと思います。
ニンテンドーDSはいいゲーム機なのですが、覗き込まなければ画面が見えない。
「そこでジャンプだ!」とか「ダッシュしてしゃがめ!」とか、声をかけながらプレイしたあの楽しさを味わえるように、任天堂の据え置き型ゲーム機でもスーパーマリオブラザーズの新作を出してもらいたいと思います。

とにかく買おう!!

テーマ:任天堂 - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/05/13(土) 10:34:01|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚労省の政策はいたずらに国民の不安をあおるものではない

http://www.asahi.com/life/update/0510/014.htmlより引用。
必要あるため全文。

> 中高年男性の半数が生活習慣病の引き金となる「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の疑いが強いか、その「予備群」だとする厚生労働省の発表を巡り、10日の衆院厚労委員会で「厚労省の政策はいたずらに国民の不安をあおるものだ」と異論が出た。欧米で、同症候群の診断基準が確立されていないと指摘されていることなどを挙げ、政府の医療改革法案の柱である生活習慣病予防の効果に疑問を投げかけた。
> 民主党の郡和子議員が質問した。米国糖尿病協会と欧州糖尿病研究協会が昨年、「心血管疾患の危険指標として価値が疑わしい」などと声明を出したことを指摘、40歳以上に生活習慣病予防の健診を義務づけ、運動や食事指導で心筋梗塞(こうそく)や脳卒中を減らそうという政府の構想に疑問を呈した。
> これに対し、厚労省側は「診断基準は日本の8学会が参加した検討会が作った。心疾患・脳血管疾患の危険性が増すことも関係審議会で認められた」と主張。川崎厚労相も「長い目で見れば病気を減らすことができる」と理解を求めた。


意味がわからない。
EASD(欧州糖尿病研究協会)やADA(米国糖尿病協会)は「メタボリックシンドローム」という定義のあいまいさ、疫学的指標としての不完全さを指摘しているのであって、近年メタボリックシンドロームと言われ始め注目を受けている「内臓脂肪肥満」「血中中性脂肪高値」「血圧高値」「高血糖」を放置してよいと言うものではありません。

個々の危険因子を無視して、「定義」を批判する。
なぜ国民の健康に関する「一次予防」(発症を防ぐ予防。ちなみに二次予防=早期発見・早期治療、三次予防=リハビリです)にケチをつけなければいけないのか。
メタボリックシンドローム自体は新しい定義で、全世界的に広まるまでには時間もかかるでしょうし、さらに年月をかけてデータを蓄積しなければ、疫学的価値が出ないでしょう。
しかし「危機をあおるためだけの短絡的な指標であり、これらを守らなくても血栓症などの疾患の発症率は変わらない」わけではないことは明らかです。
反対のための反対としか思えません。

テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/05/11(木) 21:37:44|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治は遠くなりにけり

今研修している病院は、地域の中規模病院と言うこともあって、お年寄りの患者が多いです。
高齢者と言えば65歳以上のことですが、65歳など若い若い。
70歳でも外来に通われている方などは、「まだ仕事がバリバリできそう」という人が多いです。
現在、平成18年。昭和にして81年、大正にして95年、明治にして139年。
明治生まれの方は95歳以上となるわけです。
というわけで、最近はさすがに明治生まれの人を見かけることは少なくなりました。
特に外来で矍鑠たる明治の方を診察する機会は少ないです。

さらに言えば、医師になってから19世紀生まれの方、つまり106歳以上の方を診察した機会がありません。
102歳が最高齢です。おそらく今後も診察できる期会はなかなかないでしょう。

明治時代や19世紀は遠く昔になってしまった感があります。
自分の生まれた頃には江戸時代に生まれた泉重千代さんが生きていらしたのですが…

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/10(水) 23:11:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第5話 逆転のシュート

いきなり少林サッカー。
続いていきなり怪獣サドラ出現。展開早いな。

先輩隊員の大人気なさにまいる。ヒビノ・ミライら新隊員が「いい子」すぎるから目立つだけか??
少林サッカーVS宇宙人を挟んでサドラと再戦。
「身を潜めて獲物を襲う」なんて、あんな巨大な生物の戦法かよ(笑)

そして案外にも強いサドラ。弱点を狙撃され、メビュームシュートを受けても爆散せず。
しかも二匹いて大ピンチ…と、いきなり出てきたハンターナイトツルギの必殺技で二匹とも倒されます。

あれ? 二匹目の意味は?

それにしても、今回はイカルガ・ジョージの活躍がすばらしい回で、むしろツルギは蛇足だと思ったのですが…

次回はツインテールと新怪獣。また食べられてしまうのだろうか。

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/05/09(火) 22:22:25|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:SLAM DUNK

テーマ:SLAM DUNK
ジャンル:スポーツ漫画

コメント:
井上雄彦の描いたバスケットボール漫画です。
流行っていた当時は小学校高学年~中学校で、バスケットボール部が大人気だったのが思い起こされます。
連載当時は大して面白いと思わなかったのですが、単行本でまとめて読むと面白いですね。
試験前に、ついつい1巻を手にとってしまったら、その日のうちに最終巻まで読んでしまった記憶があります。
そのテストは何とか通りましたが…
あらためて、上手な漫画だなあと思います。バスケットボールをよく知らない自分でも、その臨場感は伝わってきました。
黒板に描かれた後日談もありますが、さらに続編や番外編も読みたいです。
現在井上氏の執筆されている「リアル」も名作ですね。これからが楽しみです。

テーマ:~漫画感想~ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/05/08(月) 22:39:01|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肘内障

小さい子が腕を引っ張られて肘内障という状態になることがあります。
亜脱臼という状態で、子供は腕を動かしたがりませんが、骨折のような腫れはなく、肘は内側に曲がります。

肘内障は診断さえつけば、手で直せます。
患児の腕を伸ばし、肘の内側(山と谷で言えば谷のほう)を一方の親指で抑えながら、もう一方の腕で前腕を持ちます。
前腕を外向きにひねり、肘を曲げるとクリッという感じの音がして、治ります。

昨日初めて治しました。
知識としては頭にあったのですが、本当にクリッという感じの音がして、治りました。
このまま帰していいものかどうか悩みそうになるくらいあっけなくて、逆にあせりました。

当直は勉強になります。

テーマ:病気 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/05/07(日) 10:48:11|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よつばと!5巻購入

旅行から帰ってきました。
帰り際に「よつばと!」という漫画の新刊を買ってきました。

相変わらず面白い。

「いきてるってなに?」
「う゛… …わ…かりません…」


名言。
あずまんが大王も好きでしたが、大人になってから読む漫画としてはよつばと!のほうが面白いかもしれません。

明日は仕事で24時間連続勤務だ…

テーマ:~漫画感想~ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/05/05(金) 19:00:52|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疲れた

今日は尺骨(腕の骨)の粉砕骨折+橈骨(これも腕の骨)頭の骨折の手術があって今帰宅。
疲れました。
明日から旅行だからリフレッシュしなければ。

そういえば整形外科になっても気管内挿管やら麻酔やら、毎日麻酔科やらせてもらってます。
小さい病院のいいところですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/02(火) 22:59:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第4話 傷だらけの絆

眼鏡っ娘萌え
とでも言わせたいのか(笑)


まあ、萌えますけど

スカート仕様の制服なんて絶妙ですけど

でも実際はミクラス萌えですけど
(ミクラス、ウルトラマンStory0ではバッファローの王として強い姿を見せたのになあ…)

バードン含め、メビウスに出てきた敵怪獣ってなんか強いとか怖いとかいう感じを受けない気がします。
戦う相手が弱いから苦戦しているだけというような…
兄弟の客演がないと倒せないような凶悪怪獣が出現するであろうこれからに期待です。
来週はサドラ。ブヨブヨの体+バルタン星人のようなハサミがキュートな怪獣ですが、こんないまいちマイナーなものがウルトラマンStory0でもメビウスでも採り上げられるなんて。今月はサドラ強化月間とします。
ハンターナイトツルギ? 名前からしてどうでもいいです(笑)

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/05/01(月) 22:43:35|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Hyperion

Author:Hyperion
患者:26歳の男性
主訴:インターネット熱の再燃。
現病歴:
2005年2月、医師国家試験受験。合格。4月より研修医となった。
アニメ・特撮・漫画・ゲームが大好き。ブログテーマも自然とそちらへ偏る。ウルトラマンメビウスが終わったらブログのネタもなくなりそうな勢いである。当初に想定していた「医学」「音楽」ネタは今や1割以下。
既往歴:
1999年3月よりひっそりMIDI系サイト HyperionのMIDI ROOM を開設。
1999年4月より大学医学部に入学。譜面もろくに読めないのにオーケストラに所属し、トランペットを習う。
2002年7月にMIDI熱は一旦冷め、上記サイトは放置された。パスワードもわからない。
家族歴:特記すべき事項なし
過敏症(その話題に触れると過剰反応をするモノ):
ウルトラマンシリーズ(主にM78星雲出身)
ガンダムシリーズ(主に宇宙世紀)
めぞん一刻/うる星やつら
XXXHOLiC/CLAMP学園探偵団/東京BABYLON
トップをねらえ!/トップをねらえ2!
新世紀エヴァンゲリオン
おジャ魔女どれみ
ギャラクシーエンジェル
よつばと!/あずまんが大王
逆転裁判
涼宮ハルヒの憂鬱
ひぐらしのなく頃に
ローゼンメイデン
その他多数

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。