メドとミドの医学音楽日記

現役医師という職業条件を生かした日記ないし雑文がメインです。 趣味の音楽(オリジナルMIDI)の公開もしてます。 その他色々な話題を扱っていこうと思います。 管理人:Hyperion

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お気に入り紹介:涼宮ハルヒの憂鬱

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ版)
ジャンル:テレビアニメ

コメント:
なんだこれ面白えwwww
本筋である「憂鬱」全六話も相当な面白さですが、どうでもいいところが非常に面白い。
逆転裁判を知ったあとに見てよかった(孤島症候群・後編)。
Rolandの音源で作ったMIDIの音色の知識があってよかった朝比奈ミクルの冒険)。
ショスタコービチの交響曲第七番「レニングラード」演奏経験あってよかった(射手座の日)!
(勝利の時もチャイコフスキー交響曲第四番にシフトする必要はなかったと思ふ。)
あと、「ライブアライブ」での演奏の動きをしっかりとアニメーションにしたシーンでは、製作者の愛を感じました。おジャ魔女どれみドッカ~ン!でも似たようなシーンがありましたが、愛されて作られている作品は幸せですね。
このように色々褒めてはみましたが、上記エピソードを含む14話中8話はサイドストーリーで、本筋は緒言のとおり「涼宮ハルヒの憂鬱」。お約束的要素を逆手に取った超展開にドキドキし、勝手に話の先を予想しては裏切られ、ベタな結末におおいに感動し、最終的には大して好きでもなかったハルヒとキョンが自分の中でのベストキャラの一群にまで上り詰めていました。「憂鬱」だけで1クールにしたのでは間延びしてしまったことでしょう。あと、本放送時は順番が変だったそうですが、DVDで時系列で見て、個人的には正解でした…(笑)
登場人物、特にSOS団の連中はどのキャラもいい味出してますが、一押しキャラは古泉。ノリのいいイケメンに弱いんですよ。当方男ですが。御剣怜侍のパロディをやってくれた功績(?)もあるし。

1/26は自分の注目作品DVDの販売ラッシュでしたが、真っ先に見たのはこれでした。最近は「ひぐらしのなく頃に」、「ローゼンメイデン」といったキャラが魅力的な作品にめぐり合えて非常に幸せな限りです。三作品いずれにも言えることですが、日常生活描写をもっと見たい! 続編・番外編の制作を切に望みます。涼宮ハルヒシリーズはまだまだ原作もあるのでいずれ第二期があるのでしょうけど。
スポンサーサイト

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/01/28(日) 22:00:05|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:ローゼンメイデン

テーマ:ローゼンメイデン(トロイメント・オーベルテューレ含む)
ジャンル:テレビアニメ

コメント:
真紅がかわいすぎる。
以上。


付け加えるならば。

ローゼンメイデンという特殊なアンティークドールのネジをまいてしまったために、その人形の主人となった主人公ジュン少年と、その周囲に起こる数々の活劇物語です。
人形たちは個性的でかわいく、その挙動を見ているだけでも飽きません。むしろ本筋の話よりも人形たちがジュンの家でドタバタ騒ぎを起こす話が楽しくて、番外編でいいからその辺をもっと見てみたかったと思います。というわけで自分の中でのベストエピソードは「階段」。雛苺、翠星石、蒼星石や金糸雀がそろっていた時期(オーベルテューレの時期?)を舞台にしたギャグ系作品を是非に制作してほしいです。アナザーワールドでかわいい水銀燈と転生した薔薇水晶がいたらなお良し。
妄想終了。
本筋は、七体ある人形どうしがお互いの魂を奪って集め、完全なる人形になろうとするの話なのですが、すでに魅力的なキャラクターである人形たちが争っている姿が痛々しく(人形の中にもそれに気付いて戦いを忌避しているものもいます)、早く幸せになってくれることを祈るばかりでした。
劇中に幾度となく流れるテレビ人形劇「くんくん探偵」(なんとなくボンボン坂高校演劇部のおまけ漫画「わん!わん!クンクン」を彷彿とさせるタイトルだ)がなかなかに面白いのですが、それ以上に番組に夢中になってしまう真紅が本当にかわいいです。トイレをテーブルにしようとしてしまうシーンとあわせて、あっという間に自分の中のベストキャラグループの中に入ってしまいました。

原作漫画は未見なのですが、完結したら読みたいものです。

関係ないですが、真田アサミってこんな声(ジュンの声)も出せるんですね。オーベルテューレのサラのような声専門だと思ってました…

テーマ:Rozen Maiden ~ローゼンメイデン~ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/01/28(日) 21:51:06|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:ひぐらしのなく頃に

テーマ:ひぐらしのなく頃に
ジャンル:PCゲーム(同人)

コメント:
サウンドノベルは「かまいたちの夜」が好きで中学生時代にハマりました。面白い文章+効果音という「小説を超えた小説」を楽しめるのはもちろん、選択肢を一つ違えるだけで、連続殺人の世界や悪霊の世界など、色々な可能性に行き着けるというのがワクワクでした。
そう。サウンドノベルの真骨頂は「音による演出」「選択肢による世界の広がり」です。
しかし「ひぐらしのなく頃に」には選択肢がほぼまったくありません。淡々と一本道を進んでいく物語。一作目「鬼隠し編」をプレイし終えた自分の感想は、「恐かった…でも、このあとこの物語はどう広がっていくのだろう。」というものでした。確かに鬼隠し編はすばらしい完成度。しかし、キッチリと「完成」しているのです。続編は難しい。
しかし、二作目「綿流し編」で見事な回答を与えてくれました。この作品だけは絶対にネタバレしたくないので、絶対に言えませんが、絶対にすごい。絶対に面白い。選択肢は見えないけれども、確かにあるのです。行間、つまり選択肢の間を読ませる画期的なサウンドノベルでした。
個人的にはキャラクター設定が大のお気に入りです。(自分は何かというとキャラ萌え派的な見方をしてしまいます…)
かわいいもの大好きのメインヒロイン竜宮レナ。姐御肌で明るい園崎魅音。イタズラ大好きで幼さの残る北条沙都子。巫女さん不思議少女の古手梨花。それぞれ萌える設定です。前半で彼女たちと日常を過ごすシーンはまさに理想の生活で、後半の非日常への突入時、日常へ戻れないかとあがく主人公にまさに共感します。
そしてそのキャラ絵が非常に独特。ちょっとゆがんだ全体像にクリームパンのような手。最初に見たときにはちょっと驚きました。でも、ハマるとこれ以上にないものです。今やアニメ版やPS2版の絵はなんてつまらないのだろうと思う始末です。

そうそう、アニメ版も見ました。はっきり言って、原作を知らないと楽しめません。話数の制限から日常生活を描くシーンが極端に少ないので、初見であれば鬼隠し編が終わった時点では沙都子と梨花って誰だっけ?くらいのイメージしか持てないことでしょう。部活の場面は重要な伏線なのに。
というわけで、その分キャラクターへの思い入れも薄くなってしまい、日常へ戻れるかもしれないという希望と絶望が描かれきれていないので、アニメから入るのは勧めません。
でも、「ここを動画で見てみたかったんだ」という思いがあれば楽しめます。もちろん竜騎士07氏の絵がそのまま動くのがベストですが、アニメ版デ・ジ・キャラットのようなショボ絵(失礼)でも充分迫力がありました。いや、ショボ絵はむしろ計算のうち…? あとオープニングが名曲。

嬉しいことに、名作中の名作「鬼隠し編」は体験版と称して無料で全編プレイができます。是非皆さんも体験してください。そして戦慄してください。ちなみに医学的知識があるとなお一層楽しめますよ。

テーマ:ひぐらしのなく頃に - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/01/28(日) 21:36:11|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第41話 思い出の先生

ウルトラマン80から27年。教え子だった桜ヶ岡中学校の生徒は壮年となり…矢的猛は(俳優の)実年齢で51歳…
ロベルガーを追って再び地球に降り立った80の勇姿を見たときに目頭が熱くなりました。彼もついに、兄さんと呼ばれる存在になったのです。8000歳の若いお兄さん(ゾフィーの1/3以下だ)。サクシウム光線とメビュームシュートの合体光線でロベルガーを撃破。
80はマイナスエネルギーを感じて地球に来たそうです。ときに矢的猛の教え子は、クラス会を企画中。矢的猛も招きたい彼らは、たまたまマイナスエネルギーを調べに来たミライに矢的の居場所を尋ねます…
80は「教師であることを捨て」た自分は矢的として生徒の前に現れることはできないと言いますが、新聞に80のことが載ったことで、矢的の存在を確信した生徒たちは大空に呼びかけ、矢的を待つのでした。
さて、マイナスエネルギーの発信源ですが、どうやら取り壊しになる中学校自体が発している様子。
同窓会のまさに当日、マイナスエネルギーが増大、ホーが再出現します。前回失恋でホーを読んだ真一氏も特に不幸な出来事などなかったようで、やはり中学校の悲しみが生み出したものなのでしょうか。
マイナスエネルギーという初めての敵に苦戦するメビウスの前に80は再臨し、バックルビームで浄化します。生徒は80へ思いを伝え、80はそれを受け、人間として彼らに再会するのでした。

80のDVD早く発売してください。

次回はゴモラ、レッドキング、ゾフィー、タケナカ参謀が来る様子。
客演ラッシュですね。最終決戦の日は近いようです。

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/01/28(日) 13:03:03|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第40話 ひとりの楽園

ひぐらしのなく頃ににハマっているおかげで本日まで見ていなかった40話。本日はウルトラマン80客演の回のため、あわてて見ました。一週間って早いなあ。

さて今回は植物怪人みたいなのが敵の様子。(名はソリチュラ。)無差別に人を襲うようで、ミライががひっとらえようとしますが逃してしまいます。
その際傷を負ったソリチュラは、さびしさからいじめっ子グループに隷属している少女により治療を受けます。
ソリチュラは少女の寂しさを見抜き、言葉巧みに連れ去り、餌(?)にしようとしますが、間一髪のところをミライに助けられます。
正体をあらわしたソリチュラはビオランテのような怪獣に。でも意外とあっさり片付けられて終了。
囚われていた人は解放されましたが、彼らは口々に「あのままにしてほしかった、もう一人ぼっちは嫌だ」と、不満をあらわにします。が、心の成長した少女が「寂しいことも悲しいこともみんな大切なんです」ということに気付き、みんなも目を覚ました様子でした。めでたしめでたし。

次回(今日放送)はついに! ウルトラマン80の登場です。長谷川初範! 愛のソレア!(関係ない)

そういえば雑誌かなんかでメビウスの次回作にはウルトラセブンタイプが予定されていたがポシャったという記事がありましたが、…マックスの立場は?

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/01/27(土) 20:23:15|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沢城みゆき

遅ればせながらローゼンメイデンなど観ているのですが。沢城みゆきがすごい。
ダメ絶対音感のないHyperionはアニメオタク仲間のようにいまどきの声優がわかりません。能登とか釘宮とか言われても、聞いたことがあるはずなのに全然想像もつかないのです。女性オタクから佐々木望が良いよねとか宮本充が好きだとか言われてもさっぱりわからないのです。
自分に鑑別できるのは大谷育江とかかないみかとか小桜エツ子とかその辺です。男で言えば若本規夫とか。
その自分が、ネタ的な声質ではない声優で唯一見抜けるのが沢城みゆきです。何しろその定義は
上手けりゃ沢城。
演技力もあるし声も出てるし演じ分けも上手い。声質は正直言ってどうとも表現しがたいのですが、最近のアニメで群を抜いて上手いなと思ったキャラはたいてい沢城みゆきですね。ローゼンメイデンの真紅も感動するばかりです。
若さもあるし、個人的には声優界の朝青龍と思います。これからの活躍を期待しています。

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/01/25(木) 21:38:37|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明るい通学路

みなさんは「ひぐらしのなく頃に」というビジュアルノベルをご存知でしょうか。PS2版も発売を間近に控え、知名度が大きく上昇しているかと思いますが、これが非常に面白いです。
全8話構成なのですが、そのうち第1話を丸々体験版としてフリー配布されているので遊んでみたら見事にハマり、毎日5時間睡眠で、帰宅してはひぐらしという生活をしております。同人ゲームを買うのは初めてだったのですが全話購入してしまいました。
日常生活から非日常へシフトしていくさまが面白いこの作品に触発されて、ちょっと曲を作ってみました。最初は明るい感じなのですが、途中「違和感」を感じながら日常がループしていきます。その行き着く先は…というようなイメージで作りました。

明るい通学路」どうぞ聴いてみて下さい。

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/24(水) 23:06:01|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エセ科学番組の顛末

納豆を無理に食べていた人はご愁傷様でした。
好きで食べていた人は、きっと過剰生産になって納豆セールが行われるので喜びましょう。

先日のエントリの続きです。
今回も痛いニュース(ノ∀`)さんより
納豆ダイエットは捏造 フジテレビ「あるある大事典」21日分から放送休止

ああよかった。エセ科学番組が一つ消滅した。
基本的には「悪口は言わず」がHyperionの主義ですが、科学者の端くれとして、捏造、でっち上げの類や不誠実な研究成果をあたかも正当な研究であるかのように大衆に広めるものについては否定意見を惜しみません。
「納豆はやせる」に限らずとも、研究結果を自分の都合のいいように解釈することはあります。しかし、基本的には統計学的に有意差がでなければその研究は意味がないし、仮に有意差が出たとしても、それを更に大規模にした前向きコホート研究や、複数の研究のメタ分析を行わなければ「根拠ある説」にはなり得ません。
要は、あるある大辞典の実験などは研究としては一瞥もされないものです。さらにデータ捏造をしていたとあれば信頼度はもはやマイナスと考えてよいと思われます。
それを垂れ流すのも愚行ですが、それを妄信するのも愚行。
テレビが流す情報、いや、人が流す情報に客観などありません。
だから医学は今やエビデンス(根拠。基本的には疫学的に証明された事柄。)を基本にしているのです。

エセ科学を信じてしまった皆さんはこれから気をつけてください。いまだに「納豆が体にいいのは事実なんだから良いじゃないか」と言って騙した人間を庇っているようでは、悪い宗教につかまりそうになったときや、国家が全体主義になって思想統一を図ろうとしているときに「あれ? おかしいぞ」と思うことができない人間になってしまうのではありませんか。

テーマ:あるある大事典 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/01/22(月) 20:11:58|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第39話 無敵のママ

津波情報がメインな回。
GUYS食堂勤務の肝っ玉母さんの話ですが、本棚に並んでいる漫画が素敵過ぎ。狭い家大好き。
さて、事故に逢いそうになった子供を救って死亡した食堂のおばちゃんに、その行為に感動したサーペント星人の精神が憑依し生き返ります。
ところが。味覚?がおかしくなってしまったせいか、料理に塩を使わなくなったり、水ばかりガブガブ飲んだり。夜にはどうも仲間と通信している様子。やはりGUYS基地攻略のために悪用されてしまったようでした。
大量の仲間を基地内へ送り込むサーペント星人。どうにか途中で侵入は阻止したものの、食堂のおばちゃんの身体に憑依されている状態では手出しできません。敵も自分の死を覚悟で特攻してきており、防ぐ手立てなし…
その時! おばちゃんの精神がサーペント星人に打ち勝ち、身体はサーペント星人、頭脳はおばちゃんの名探偵戦隊モノの敵キャラみたいなのになります。戦隊モノよろしく等身大の敵をバタバタ倒すおばちゃん。このままサーペント星人全滅かとおもいましたが、お約束どおり巨大化します。でもやっぱりなんとなく戦隊モノの図式に近い感じがするなあ…
巨大サーペント星人VSメビウス。等身大のときの情けなさと裏腹に、装甲は硬く苦戦します。しかしサーペント星人に逆憑依したおばちゃんの助言で塩が弱点のナメクジのような生き物だとわかり何とか倒せました。めでたしめでたし。
その後もおばちゃんはしばらく「宇宙人パワー」が残ったそうです。

ああ馬鹿馬鹿しくて面白かった。

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/01/14(日) 15:26:12|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エセ医学 納豆と血栓

納豆がからだに良いとかで売れているようです。
しかし、「血液をサラサラに」するっていうのは大嘘だった様子。以下参照。

「納豆で血液サラサラ」は嘘 「あるある大事典」とNHKのトリック痛いニュース(ノ∀`)さんより)

あたりまえです。簡単な医学的知識、薬学的な知識を持つヒトにとっては常識ですが、納豆は血栓の素因を持つ人が食べてはいけないものです。
ワーファリンという薬があります。肝臓で凝固因子を作る際に必要であるビタミン「ビタミンK」の働きを阻害し、血栓を作りにくくします。心房細動など不整脈がある人では、血栓ができやすいので、脳梗塞心筋梗塞などの予防のためにこのワーファリンを飲み続けている人もいます。
さて、栄養満点の納豆。ビタミンKがたっぷり入っています。
あれ?
おかしいですよね?
そういうことです。血を固めるほうに動くわけです。ただし、もちろん納豆を食べたところで血栓ができやすくなるわけではないです。「正常に」止血を行うためには必須なビタミンなのですから。
しかしながら、仮にワーファリンを飲んでいる人が、今回のようなテレビ番組を見て、ナットウキナーゼなる経口摂取では人体に吸収されない成分が血栓予防に効果があると考えて納豆を食べ、脳梗塞でも起こしたら、テレビ局は補償してくれるのでしょうか。普通は医師、薬剤師が「納豆を食べないように」指導していますから「ない」と信じたいですが、外来で「あるある大辞典を見て○○を食べた」とかいう人のいかに多いかを体験していますから、非常に不安です。

だいたい血液のサラサラさって何で測るのでしょうか。

赤血球が微小な柵の間を通る速度で測るとすると、脱水の人は不利ですし貧血の人は有利です。飲水制限したときと大いに飲ませたあとで測れば人為的にサラサラにできます。
今回のように血栓を云々するのであれば、体外での実験はまず意味のないことと思います。体内でプラークができている様子をわざわざ血管造影している番組があれば別ですが。
血中のコレステロールや中性脂肪であれば、危険因子として妥当だとは思いますが、高脂血症で血がベトベトになるかどうかは、自分は寡聞にして存じ上げません。

独自に打ち立てた適当な健康の「指標」をサンプル数の非常に少ない適当な「研究」で有意差も確認せずに適当に効果があると「考察」する。真っ当な学者で、社会に多大な影響があり、それで利益を得ているとすれば韓国のどこぞの教授のように起訴されてもおかしくありません。
これを平気で放送しているテレビ局が信じられないし、平気で信じている人々にもあきれるばかりです。
みのもんたの「午後は○○おもいッきりテレビ」でいくつもいくつも「体にいい」食べ物が紹介されるもんだから、結局何食ってもからだにいいんだ、と普通の食生活にもどった人のエピソードを耳にしたことがあります。その程度の笑い話で済めばよいのですが、今回は生死に関わるのでコメントしてみました。

テーマ:納豆 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/01/13(土) 23:18:30|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PS3を想う

プレイステーション(以下PS)3が売れていないそうですが、
そりゃそうだ。
高い。

機能は高く、Linuxも搭載できるのでパソコン代わりにもできるでしょう。6万円で60GBハードディスク搭載のパソコンが手に入ると考えることもできる。考えようによっては大いに安い。でもパソコンを持っていず、PS3だけ欲しい人がどれだけいることでしょうか。
ブルーレイディスクも現在のところソフトが出てないんですから価値なし。DVDがほどほどに普及している状態でPS2が発売されたのとは状況が違います。
ただ、PS、PS2のゲームが遊べるので、うちのPS2が万が一壊れたら買います。世間で噂されているソニータイマーはうちでは一度も発動したことなく、初代PS(39800円で買った)も健在ですのでいつになるかは知りません。
初代PSと言えば、「次世代機」と騒がれており、セガサターン、PC-FX、3DO、NINTENDO64など華々しい新型機が続々発売され、自分もセガサターンとどっちを買うか悩んだものですが、直感でPSを選びました。(セガサターンものちに買いました。)極上パロディウスだ!DELUXE PACKを遊び倒したものです。セガサターンでも出ましたけどね。しかもそっちのほうが性能がよかったんですが。
さて。なぜPSが勝ちセガサターンやNINTENDO64が負けたか。
SG-1000IIからセガのゲーム機に慣れ親しんだ自分ですが、セガのハードはどうもマイナー色が拭えないので、そのイメージをそのままに突っ走り、しかも44800円だったら売れませんね。
NINTENDO64は後発で、サードパーティに恵まれず、勝者の決まった市場への切込みは上手くいかなかったわけです。
正直言って、ソフト面を見てもどれも優れていますけど、自分のような直感馬鹿でもなければ、多くの人間は、勝者を選びます。
そしてPS2世代のゲーム機競争では、互換性を持たせなかったドリームキャスト、ゲームキューブに対してPSのソフトも遊べるPS2は圧倒的に有利でした。しかもDVDも見られる。これは買いますとも。(自分は様子見で、機動戦士ガンダム 連邦VSジオンDXのCMを見て29800円版を衝動買いしましたが。)
その成功を受けて仮想でないかは知りませんが、ゲームボーイアドバンス、ニンテンドーDS、XBOX360、Wiiなど軒並み過去の機種との互換性を大事にしています。ユーザーにはありがたいことです。

だったらPS3は売れるんじゃないのか。そのとおり。基本的にはWiiは正統から外れた商品で、PS3と市場を食い合いはしないと思うので、そのうち売れると思います。WiiやニンテンドーDSが売れるのは今までゲームをやらなかった人が買うからで、結局古来のゲーマーはそのうちPS3を買います。他に選択肢もないので。(XBOX360は残念ながら日本ではあまり受けないようですから。地球防衛軍3とか面白そうですし、ブルードラゴンの宣伝はすごいのですが。)ただし普及するのは値下がりし、PS2からの買い替えが始まる数年後でしょうね。
できればPSPソフトの遊べるアダプターが出ないかな… 欲を言えばワンダースワンアダプター、セガサターンエミュレータなども。その上四万円程度なら自分は喜んで買います。ガンダム無双やファイナルファンタジー13やりたいし。

テーマ:■PLAYSTATION®3 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/01/13(土) 11:26:35|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

買うべきDVDが多い

1月26日は買うべきDVDが多くて困ります。
機動戦士ガンダムDVD-BOXの後半、GUNDAM EVOLVE../A、涼宮ハルヒの憂鬱最終巻、トップをねらえ!合体劇場版、ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟… どれも諦められないので金欠覚悟で玉砕せねば。社会人でよかった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/01/13(土) 10:20:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラ出光人

もはやウルトラマンの数は把握できませんが、新たなヒーローの出現はなんとなく嬉しいものです。消えていったウルトラマンピクトでさえもっと活躍を見たいと思うものです。
出光のCMで「ウルトラ出光人」なる新たなるウルトラマンが三人も生まれました。ウルトラマンHotto、ウルトラマンMotto、ウルトラマンKittoの三人。
名前を聞いたときは嫌な予感がしましたが…
いや、正直いいですよ。これ。ウルトラマンゼアスの出身地であるZ95星雲出身ということで、ゼアスに似た顔面のデザイン。ただ、色は銀色です。服を着ているため全身像はよくわかりませんが、イラストではカラータイマーを持った正統派デザインです。
彼らのさらなる活躍を心待ちにしています。ゼアスとの競演もあるといいですね。

ウィキペディアでは既に項目追加してありますね。

テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

  1. 2007/01/08(月) 17:09:06|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第38話 オーシャンの勇魚

最近、序盤から盛り上がる話が多いですね。今回も、高速飛行能力を有する怪獣アリゲラが冒頭から暴れまくります。GUYSジャパンの戦闘機では攻撃が通じず、メビウスでも苦戦していたところに有効な一撃が。GUYSオーシャン・イサナ隊員の戦闘機「シーウインガー」の援護でした。イサナ隊員はアライソ整備長の弟子だったようですが、途中で転向したようです。
GUYSジャパンはGUYSオーシャンとの共同作戦を行うことになりましたが、メビウスの正体がばれないかとヒヤヒヤ。
アリゲラはメビウスとの再戦を呼びかけます。海溝で戦うのはリスクが大きいので、埋立地に呼び寄せる作戦を取ります。
上手くおびき寄せ、スペシウムトライデントなどの超兵器でダメージを与えますが、決定打にはならずやや劣勢。そこへメビウスが駆けつけます。激戦の末、飛行形態で遅い来るアリゲラを一刀両断。
いやーやっぱり切り刻む技はいいわ。

ところで、イサナはヒラ隊員ではなく隊長でした。気を遣ってほしくないために「隊員」としたそうです。メビウスの正体も知っていた模様。いいキャラなので、もう一回くらい活躍が見られるといいのですが。

ウルトラマン主題歌のCD欲しい…

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/01/08(月) 12:08:20|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:逆転裁判3

テーマ:逆転裁判3
ジャンル:テレビゲーム(ゲームボーイアドバンス)

コメント:
基本的に前作と同じ。よって大好き。特に須々木マコ大好き。
また、前作以上に霊媒がキーになる事件があります。というより、これは…やりすぎでは…
ネタバレになるのであまり言えませんが、今までの逆転裁判のスタンスはどちらかというと主人公の成歩堂とは少し離れた人間関係の中で起こる殺人事件に介入していくというものだったと思うのですが、今回は渦中の人過ぎるかなあ、と。
まあ、成歩堂シリーズ(勝手に命名)最終作ということもあって、全ての伏線を収束させようとした結果と考えることもできますし、そもそも面白かったので問題ないです。
システム的には変化なし。サイコ・ロックも健在です。
今回もキャタツを調べると面白いエピソードあり。
新キャラであるゴドー検事はキール・ローレンツ@新世紀エヴァンゲリオンかサイクロプス@X-MENばりのスコープがあまりに衝撃的でした。こんなのありかよ。と思いましたが、近未来なのでまあいいか。
ところで「やあれ」「さあれ」って何ですか。某キャラの口調は大好きなのですが、ちょっとこれだけわかりません… ややもあらん、とかさもあらん、といったところでしょうか。
あと、今まで検事側に立つ人間は何人も登場してきましたが、ついに弁護側の人間に変化が! ネタばらしをしたくないのでこれ以上は書きませんが、4もやりたいけど逆転裁判0かなんかのタイトルで、過去のエピソードもやりたいと思いました。短編集的な作品でもいいです。
そういえば、矢張政志が再び出てました。だれか「2」のときにクレームでもつけたのでしょうか。そのかわり(?)トノサマンの新作は発表されず。

以上三作まとめて非常にすばらしい作品です。「3」はまだGBAでしか出ていないので、DS版が出たら布教のために誰かにあげるつもりです。いや、いきなり3ってのもアレかな… とにかく「4」が待ち遠しいです。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/01/06(土) 16:27:38|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:逆転裁判2

テーマ:逆転裁判2
ジャンル:テレビゲーム(ニンテンドーDS)

コメント:
基本的に前作と同じ。よって大好き。
レギュラーキャラとして純粋培養少女 綾里春美や、真宵ちゃんと同い年には見えない敏腕検事 狩魔冥が登場し、物語に幅を持たせています。冥の登場で御剣の出番が減ったので痛し痒しですが。サブキャラとしてはマシンガントークのキュートな大場カオルちゃんが一押しですね。
また、前作以上に霊媒がキーになる事件があり、オカルト臭漂います。(その点でトリックに破綻があるような気もしないでもないが気にしない。)
それに伴って(?)、「サイコ・ロック」という新システムも登場。探偵パートで情報を引き出すにも、証拠品をバシバシ突きつけることが必要になりました。また、間違えると探偵パートでもライフゲージが減ってしまいます。ダメージは法廷まで引きずるので、わざと間違ったときの反応が見たくて間違えまくった自分は、かなり窮地に立たされました。
今回もキャタツを調べると面白いエピソードあり。
トノサマンも健在で、今回は二作目「ヒメサマン」に続く第三作「トノサマン・丙」が登場。武器が漢字の「丙」の形です。それにしても、類似番組として「忍者ナンジャ」はまだいいとして、「正義学園4年2組」ってなによ(笑) あと、2話でトノサマンのボールで遊んでいた春美ちゃんが、4話で「トノサマンを知らない」と言っていたのがこのゲーム最大の謎でした。
ところで女好きな堀田医院の院長に大沢木ナツミを突きつけても渋い反応しかしないんですが、ナツミさんは女として扱われてないんでしょうか。
そういえば、矢張政志が出ていないのがちょびっと残念でした。

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/01/06(土) 16:25:41|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:逆転裁判 蘇る逆転

テーマ:逆転裁判 蘇る逆転
ジャンル:テレビゲーム(ニンテンドーDS)

コメント:
CAPCOMの出したこの作品、数年前にゲームボーイアドバンスで出たものの移植+1話追加版です。このゲームのはハマりました。
自分はFF5やデュープリズム、ラチェット&クランクなどが大好きなんですが、逆転裁判もこれら同様にキャラが立ってて、話が軽快で面白く、ゲームのテンポもいい作品でした。
登場人物は良キャラぞろい。いい味出してる未熟な主人公の成歩堂龍一と、同級生で凄腕検事、でもどこか愛嬌のあるの御剣怜侍の論戦戦はまさに手に汗握ります。他にも「事件のカゲにやっぱり矢張」といわれるほど迷惑な同級生の矢張政志、気の毒な貧乏刑事の糸鋸圭介、天然ばかっ娘の綾里真宵、もっと天然ばかっ子の裁判長など。
それどころか、犯人やどうでもいいキャラまでかなり強烈です。また、小ネタにも溢れていて、特撮人気番組の「大江戸戦士トノサマン」とか面白すぎです。
ゲームの流れは簡単で、説明書を読まなくてもできます。証言に潜む矛盾を、証拠品を突きつけることで暴き、新たな証言を引き出し…という繰り返し。それでいて面白いのは、ひとえに文章の上手さによるものと思われます。特にキャタツを調べると聞ける「ホンシツを見ようよ。」のエピソードが大好きです。(セルフパロディもしているくらいだし、シナリオライターの人も好きなんでしょう。)どれほど読んでいて楽しい文章かというと、間違った選択肢だとわかっていても、ストレートに通過してしまうと間違ったときのリアクションが見られないから、わざと一度間違えてから正解を選ぶほどです。もちろん探偵モードで突きつけられるものはすべて突きつけます。
今回の追加エピソードである「蘇る逆転」ではルミノール反応や指紋検出ができます。ここでも小ネタがちりばめられていて、重要な証拠が出たあとも画面全体を探しまくりました。
宝月姉妹、特に成長した茜ちゃんを逆転裁判4(ないし更なる次回作)で見たいものです。

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/01/06(土) 16:23:25|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガンダム無双に期待する

真・三國無双シリーズが好きです。数百と現れ群がる敵をバサバサとなぎ倒していく爽快感が好きです。
そして、個人的にはあまり三国志の時代には思い入れはありません。中国史の中ではやっぱり圧倒的に面白い時代なのは間違いないのですが、4作もやればそろそろ面白さも薄れてきます。Hyperionひねくれ者なのでちょいマイナーな袁術、張魯、楽進、劉協(献帝)などが好きなのですが、それらを操れないのも一因かもしれません。(自分の好きなキャラクターを操れる4Empiresは久々に遊び倒しましたが…)
ただ、ゲームシステムとしては文句ないわけで、色んな時代で遊んでみたいなーとは思っていました。
封神演義を基にしたバトル封神が登場し、日本の戦国時代を舞台にした戦国無双が登場し(紅の海は未プレイ)、他社から戦国BASARAも出ました。(戦国時代じゃなきゃ買ったのですが。)PS3では英仏百年戦争を舞台にしたBladeStormも出ます。
春秋五覇の時代(斉の桓公、秦の穆公、宋の襄公、晋の文公、楚の荘王の時代がベスト)や始皇帝の中国統一~楚漢戦争の時代、隋末唐初、南宋末期~モンゴル帝国、日本だったら源平合戦、太平記…と、他の時代もやってみたい!と妄想してしまいます。

そこで無双最新作、ガンダム無双の発表。

えーっ。

最初は思いました。
でも、画面写真を見ると面白そう。ザクとかジムとかバッサバサ切り倒したい。
ああ、こういう可能性もあるんだ。どんなシチュエーションでも無双になるんだ。
こうなってしまうとスーパーロボット大戦的な、「俺のフェイバリットマシン」が大活躍する無双を妄想してしまいます。ガンバスターが宇宙怪獣をなぎ倒すトップをねらえ!無双出ませんかね??
というわけでガンダム無双には大いに期待します。売れますように。自分もPS3が値下がりしたらきっと買いますけど。

テーマ:真・三國無双シリーズ - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/01/06(土) 12:46:15|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RSウイルス

現在小児科研修中です。

一般小児内科外来では、RSウイルスが猛威をふるっています。
RSウイルスは、大人の方には耳慣れないウイルスと思います。Respiratory Syncytial virusの略で、呼吸器を意味するRespiratoryを冠するとおり、主に呼吸器症状を呈します。
大人の場合、ウイルスに感染してしまったとしてもたいてい上気道症状(鼻汁、咳など)で済むのですが、小児、特に6ヶ月未満の乳幼児では高熱が出、症状は重篤化し、下気道へ達して細気管支炎・肺炎を起こして入院が必要になることもままあります。
ただ、ウイルスなものですから、鼻汁を排出しやすくする薬を出すほかは、赤ちゃんが水を飲めなければ点滴でもしますが、基本的には自力による回復を待ちます。一~二週間程度で改善するのが幸いです。
なお、横浜市衛生研究所 感染症・疫学情報課のサイト(下記)によりますと
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/infection_inf/rsv1.htm

抗RSウイルスヒト化モノクローナル抗体のパリビズマブ(遺伝子組み換え)という注射薬が、アメリカ合衆国では1998年から、日本では2002年から、承認・市販されています(商品名:シナジス)。在胎期間28週以下の早産で12ヶ月齢以下の新生児・乳児、在胎期間29-35週の早産で6ヶ月齢以下の新生児・乳児、および、過去6ヶ月以内に気管支肺異形成症(BPD:broncho-pulmonary dysplasia)の治療を受けた24ヶ月齢以下の新生児・乳児・幼児に対して、RSウイルス感染による重篤な下気道疾患の発症抑制のために用いられることがあります。

というわけで、いわゆる特効薬が免疫の弱い未熟児などのために用意されているようですが、基本的には前述のとおり自力で立ち直ってもらいます。
ミルクが飲めないほどグッタリしている赤ちゃんは見ればわかるので、そういう子は入院。場合によっては人工呼吸器も必要になります。が、見ている限りは数十例に一例ですね。
飛沫感染で咳、くしゃみでうつりますので、お互いの防御のために赤ちゃんの前ではマスクをしましょう。あと、赤ちゃんを触る前のうがい、手洗いを忘れずに。基本です。

テーマ:病気 - ジャンル:育児

  1. 2007/01/05(金) 19:36:35|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:ウルトラマンネクサス

テーマ:ウルトラマンネクサス
ジャンル:テレビ特撮

コメント:
弱いウルトラマンだなあ…でも、ある意味そこが燃える作品だと思います。二体目の怪獣で早くも流血して苦しむウルトラマン。
そしてそのウルトラマンは主人公とは違う人物が変身する。
敵側にもウルトラマンがいるのですが、主人公にとって大切な人間が敵だったという衝撃の展開もあります。ただ、こういうのは子供にはちょっと重過ぎたでしょうね。メカの変形合体などは子供に人気が出そうですが、売り上げはどうだったのでしょうか。
しかし複雑ではあるものの重厚なストーリーは、ウルトラマンという設定を抜きにしても面白い作品なので、SFドラマとして見ていただければ、と思います。
最終話あたりの展開は映画「ULTRAMAN」と併せてお楽しみいただければ、なおいっそう感動できます。ウルトラマン未見の人こそ是非。

テーマ:特撮 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/01/01(月) 21:35:21|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:白い巨塔(2003-2004年・唐沢版)

テーマ:白い巨塔(2003-2004年・唐沢版)
ジャンル:テレビドラマ

コメント:
テレビドラマなんて見るのは久々だったのですが、面白かったです。
ER緊急救命室のような「医学ドラマ」とは程遠いですが、「医療ドラマ」としてはまさに最高峰と思いました。
なにより、出演者の演技レベルが高い。
ストーリーも教授選などのうわさを実際に近くで耳にした人間として、楽しめました。
でも、シャープペンシルでカルテは書かないですよ。「公的文書」なんですから修正液で修正なんてしませんよ。二重線で修正して捺印ですよ。柳原弘医局員みたいな自分で動けない医者はいないですよ。
(日本の医療ドラマって必ず「使えない」医者が描かれてますよね…ERのカーターくんみたいに、半年もすればしっかりしてくるのに。)

テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/01/01(月) 21:33:18|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:We are the ONE~僕らはひとつ~

テーマ:We are the ONE~僕らはひとつ~
ジャンル:テーマソング(爆竜戦隊アバレンジャー)

コメント:
爆竜戦隊アバレンジャーのエンディングテーマです。串田アキラが歌っています。
正直言ってアバレンジャー自体はほとんど見たことがないのですが、アバアバアバアバアバレンジャー!という意味不明な歌詞と、敵戦闘員が踊っている映像に目と耳を奪われて、それ以来とりこです。
戦隊シリーズのエンディングなんて、超獣戦隊ライブマンの「あしたに生きるぜ!」か鳥人戦隊ジェットマンの「こころはタマゴ」くらいしか記憶に残ってないんですが、アバレンジャーはオープニングよりエンディングが好きです。
宇宙刑事シリーズのファンとしては、串田アキラの声もたまりません。

テーマ:アニメソング - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/01(月) 21:31:06|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:ママは小学4年生

テーマ:ママは小学4年生
ジャンル:テレビアニメ

コメント:
小学4年生の主人公が、未来からタイムスリップしてきた自分の娘を育てる物語。
ある事情で叔母さんと赤ちゃんとの三人で暮らすことになるのですが…この叔母さんほどひでえ人間見たことない(笑)
こんな味方のいない状況での子育てというのは大変なことで、主人公は振り回されっぱなしなのですが、それを助けるアイテムもあります。
赤ちゃんの居場所がわかるコンパクト、赤ちゃんを泣き止ませるフルート、便利な小物入れ。
おもちゃ売る気満々です(笑)
正直、しっかりものの主人公なので未来のアイテムがなくてもがんばれそうなのですけどね。
全体的に完成度の高いほのぼのしたエピソードが多くて良作です。
オープニングテーマ「愛を+(プラス)ワン」のメロディも壮大で、時空を越えたドラマを盛り立てます。(詞はいまいちですが…)
最終話の感動は、一年間見続けた人間への最高の贈り物と思えるくらいの傑作です。
主人公なつみちゃんが寂しい思いをするような最終回じゃなくて、良かった。本当に良かった。
今ならDVDなどでまとめて見られますが、あせらずにゆっくり見るのがいいような気がします。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/01/01(月) 21:29:29|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:アランドラ

テーマ:アランドラ
ジャンル:テレビゲーム(プレイステーション)

コメント:
SCE(Sony Computer Entertainment)が出したアクションRPG作品です。プレイステーションには珍しく、2Dドット絵の作品です。
暗いですが厚みのあるストーリー、ちょうどいい難易度の謎解きなど、隠れた佳作というべき作品です。
現実の世界と、夢の中の世界を行き来し冒険するというシステムで、いわゆる「ゼルダの伝説」風の、画面切り替え型の作品でありながら広大な世界を冒険している雰囲気が味わえます。
ボリュームもあり、気軽に繰り返しプレイできるようなものではないので、一度しかクリアしていないのですが、またいつかプレイしたいものです。
ゼルダや聖剣伝説(初代)などの2Dアクションアドベンチャーが好きで、このゲームを未プレイの方は、是非一度遊んでみてください。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/01/01(月) 21:09:33|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:聖剣伝説 Legend of MANA

テーマ:聖剣伝説 Legend of MANA
ジャンル:テレビゲーム(プレイステーション)

コメント:
スクウェアソフトが出したアクションRPG作品です。2Dで、「ファイナルファイト」に近い(?)横スクロールアクションタイプのゲームシステムです。
システム自体にはそれほど思い入れがないのですが、モンスターを育てて連れて行ったり、メカを作って連れて行ったりできるのは面白いですね。(主人公を育ててしまうと、一人でも余裕でクリアできてしまうのであんまり使ったことがないですが…)
しかしなんといってもこの作品の良さはその「世界」です。
美しく、どこか悲しげな世界。その世界にぴったりと合う音楽。「ホームタウン・ドミナ」(ドミナという最初の町のテーマ曲)は、自分のiTunesで最も繰り返し演奏されています。
ゲームの中の世界を歩くだけでも、なんだか特別な気分になれる作品です。ゲームがそんなに好きでない方にも体験していただきたい逸品ですね。

最近「聖剣伝説4」が発売されたことでついついダーっと書き上げてしまいました。正月はヒマだし。
でも、4はどうも評価が散々だそうで… 新約聖剣伝説も、聖剣伝説DSもあまりいい評価は得られていないようですし、大変残念なことです。聖剣伝説ヒーローズオブマナはアクションじゃないしなあ。

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/01/01(月) 20:30:03|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:聖剣伝説2

テーマ:聖剣伝説2
ジャンル:テレビゲーム(スーパーファミコン)

コメント:
スクウェアソフト(現スクウェア・エニックス)が出したアクションRPG作品です。
中学生のころに初プレイしたときは、実はクリアできませんでした。終盤のダンジョンは難しいし、ラスボスは強いし。
でも大学生になってやってみたら、ポポイの魔法が強いことに気づいたためクリアできました。
エンディングで泣きました。
主人公が三人で固定というので感情移入しやすかったせいか、彼らの過酷な運命にたびたび切なくなりながらのプレイでした。
音楽もすばらしく、ストーリーを盛り上げることこの上なし。
アクションRPGなのに剣をブンブン振り回すのではない、ファイナルファンタジーで言う「アクティブタイムバトル」のようなシステムも、
今までになかった戦略性を生み出しており好印象でした。
全てがあいまって至高の作品となっています。アクションの苦手な人も、そうでない人も、一度体験してみてください。

久しぶりのお気に入り紹介です。暇を見つけてプレイして、最近クリアしたもので…

テーマ:レゲー - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/01/01(月) 20:11:47|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

病院のにおい

新病院になって尚更思うのですが、今の病院って、昔のような消毒(?)のにおいがしないと思います。
むしろ通勤のために通る道にある接骨院のほうが病院くさい…
あのにおいってなんていう薬品のにおいなんでしょうね。自分は好きです。
あと好きなにおいといえば、ノベクタンスプレー。ストローで膨らませて紙風船のようにして遊ぶバルーンと同じにおいがします。ビニール系なのかな。
薬ではエキザルベのにおいが中毒性があります。
なんか書いているうちに危ない人のような気がしてきたのでここでおしまい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/01/01(月) 20:06:08|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士急ハイランド

2007年となりました。今年もよろしくお願します。

昨日に引き続き、12月の話です。12月11,12日は夏休みだったもので、前日の千葉旅行に引き続き、富士急ハイランドへ行ってきました。
高速バス往復券+フリーパスで5550円って安すぎ。
平日ということもあって、ジェットコースター以外はそれほど並ばずに乗れる状態でした。ちょうどその時期はFUJIYAMAが改装中で乗れなかったのですが、結論から言うと大変満足でした。
というよりも、もう勘弁してください。
以下、アトラクションの感想。

トンデミーナ
ピザーラ御提供のマシン。ピザがモチーフらしい。フライングパイレーツ+遠心力のダブルパンチ。おしっこ漏れそうな感覚はそのままに、視点がぐるぐる回ることで恐怖感は倍増。寒空の中乗ると、顔が痛くなる。オッサンが「とーんでみぃな~」とか言いながら我々を天空へ送り出してくれるさまが非常にシュール。
マッドマウス
一応ローラーコースター系? 一両編成で、ほぼ直角なカーブが多用されており、その時に感じられるガクガク感はどのコースターよりも恐ろしい。
ムーンレイカー
隣にトンデミーナがあるため見劣りは避けられない遠心力系遊具。重力と遠心力で体が押し付けられる感じが面白い。が、最も面白いのは遊具の中心で不気味な存在感を発する宇宙船パイロット(?)と、案内してくれるお姉さんの声。
パニックロック
パニック+クロック。時計の針の先がぷらぷら動くフライングパイレーツ系の遊具。一回転するのでけっこう怖い。
レッドタワー
フリーフォール。一気に落ちるのではなく、スーパーボールのバウンドのように徐々に振幅を小さくして落ちるので、あまり怖くない。が、フリーフォール系がダメなHyperionにとってはいずれにしろ地獄。
ええじゃないか
これはやばい。
これほど本気で絶叫したことはないであろう。レールに接続したアームから左右に伸びる座席には、安心を誘う足の置き場などない。後ろ向きで発進することから、どれほどのぼるのか推測もつかず、眼下の市街地はどんどん遠ざかるのみである。そしてひとたび疾走し始めれば、猛スピード、高速回転、スーパーループの連続で、足は頼りない棒と化し、体躯を引っ張るのみの余計な存在となる。あっという間の出来事ではあるが、安全バーを握りつぶし、腹の底からの悲鳴を上げるだけで100kcalは消費しているのではないかと思うほどの疲労感が味わえる。二度と乗りたくないと思ったが、同行者の熱望により二回乗った。殺意があったとしか思えない。
グレート・ザブーン
ウォーターシュートの改良版。ものすごい勢いで水面に叩きつけられ、そのしぶきは前面からではなく上面から降り注ぐ。カッパを着て搭乗するが、気休め程度でしかなく、特に足は濡れるほかない。冬に乗るものではないと思ったが、同行者は嬉々として二回連続で乗った。無論自分も連行された。
ガンダム・ザ・ライド
ガンダムの3DCG短編映画が、動くシートと大スクリーンで体験できる。ガンダムオタクである我々は、ヘンケンやアムロ、シャア、セイラ、カイなどの勇姿に興奮した。その一方で、頼りになるジムという貴重なものを見られたことに興奮した。アトラクションの出口と直結しているガンダムグッズショップで、ついついHGUCジムを購入してしまいそうになるほどであった。というか、ショップに30分くらいいた。
ゾーラ7
ローラーコースター+シューティング。敵に銃撃し、得点を稼ぐのですが、これがなかなか当たらない… 覚えるまでやり込むほどではないし… 全体的な雰囲気はなかなかよい。
処刑の館
自分でも作れる。
ティーカップ
調子に乗ってまわしていたら、本当に吐きそうになった。一日二、三人は吐いているのではないか。絶叫マシーンとなるポテンシャルを持った遊具である。
メリーゴーラウンド
すいていたので乗ったが、外周の馬は上下に動かないのを知らずに乗ってしまった。残念なことである。メリーゴーラウンドはこのように塗装が剥げかけているのが正しいと思う。
ドドンパ
ム・ハァ」という呪文にテンションが上がる。整備による営業中断にも負けずに乗ると、本当に瞬間的に加速される。うぉ、うぉ、などと断続的な悲鳴を上げているといつの間にかゴールにたどり着いている。怖いことは怖いが、あっという間。ええじゃないかほど後悔している時間はない。
棺桶墓場
最も面白いのは待ち時間に見た「携帯電話禁止」の注意喚起映像。あとは狭い棺桶に詰められ、ザ・ロックアップのショーのようなものを見るのみ。狭さが怖い。閉所恐怖症の人は控えよう。
ゲゲゲの妖怪屋敷
鬼太郎が好きなら、後姿を眺めに行くのも一興。土産屋も充実しており、ついつい妖怪汁など買い求めてしまう。同行者はビビっていたが、正直言ってどうってことはないので無理やり連れまわす。ええじゃないかの仕返しであることは言うまでもない。そんなわけなので有名な超・戦慄迷宮には行かず。
シャイニングフラワー
観覧車。透明なのに乗る。レアらしいが誰も並んでいないので全然待たず。暖房が効いているのが本当に嬉しかった。眺めもよく、富士山がよく見える遊園地というのはいいなあ、と再認識させられた。

以上。乗っていないのも何機種かありますが、これだけでも本当に満足でした。帰りに新宿ルミネ1のtesta-codaで2100円のイタリア料理コースを食べ、その味と(値段の割りの)ボリュームに満ち足りて帰宅。二人で取り分けると沢山味わえていいですよ。いい一日でした。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2007/01/01(月) 13:27:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Hyperion

Author:Hyperion
患者:26歳の男性
主訴:インターネット熱の再燃。
現病歴:
2005年2月、医師国家試験受験。合格。4月より研修医となった。
アニメ・特撮・漫画・ゲームが大好き。ブログテーマも自然とそちらへ偏る。ウルトラマンメビウスが終わったらブログのネタもなくなりそうな勢いである。当初に想定していた「医学」「音楽」ネタは今や1割以下。
既往歴:
1999年3月よりひっそりMIDI系サイト HyperionのMIDI ROOM を開設。
1999年4月より大学医学部に入学。譜面もろくに読めないのにオーケストラに所属し、トランペットを習う。
2002年7月にMIDI熱は一旦冷め、上記サイトは放置された。パスワードもわからない。
家族歴:特記すべき事項なし
過敏症(その話題に触れると過剰反応をするモノ):
ウルトラマンシリーズ(主にM78星雲出身)
ガンダムシリーズ(主に宇宙世紀)
めぞん一刻/うる星やつら
XXXHOLiC/CLAMP学園探偵団/東京BABYLON
トップをねらえ!/トップをねらえ2!
新世紀エヴァンゲリオン
おジャ魔女どれみ
ギャラクシーエンジェル
よつばと!/あずまんが大王
逆転裁判
涼宮ハルヒの憂鬱
ひぐらしのなく頃に
ローゼンメイデン
その他多数

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。