メドとミドの医学音楽日記

現役医師という職業条件を生かした日記ないし雑文がメインです。 趣味の音楽(オリジナルMIDI)の公開もしてます。 その他色々な話題を扱っていこうと思います。 管理人:Hyperion

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お気に入り紹介:機動戦士Vガンダム

テーマ:機動戦士Vガンダム
ジャンル:テレビアニメ

コメント:
すごい作品です。
れっきとした富野由悠季の正統宇宙世紀サーガで、∀ガンダムを除けば最も未来の世界を描いた本作。ガンダムファンには外せない作品ではありますが、けして素人にはお勧めできない作品でもあります。
ネタバレになるので行をあけますが。












ネタバレですよ。いいですね。
オイ・ニュング伯爵の拷問→ギロチン、好きな人(カテジナさん)との戦い、吹き飛ぶ母さんの首、モビルスーツVS裸のお姉さんたち、シュラク隊全滅…鬱な場面のオンパレードです。
作品全体としては、地球の田舎に住む少年が主人公だったり、伯爵など貴族階級が成立していたり(F91からの流れですが)、最も未来なのにもかかわらず、どちらかというとファンタジー色(あるいは名作劇場色?)が強い感じがします。これが∀ガンダムへ受け継がれていくのでしょう。
モビルスーツなどの設定から、科学技術としては相当進歩しているのがわかるのですが、世界設定が上記のようなためかなんとなく違和感がありました。
っていうかバイクかよ。「宇宙でタイヤなど使うな!」(笑)
上記のように素人にはお勧めできない作品ではありますが、ガンダムが、宇宙世紀作品が大好きな人なら是非見ておいてほしい作品です。
爺どものリーンホースJr.特攻はガンダム史上屈指の名シーンです。
ウッソはカミーユより年下なのによく発狂しなかったなあ…

そして、見終わったあとにはファン同士でカラオケに行って「STAND UP TO THE VICTORY」を選んで、「キャラオケは俺の趣味だ」と言い放ちましょう。
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士 ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/02/04(日) 15:18:09|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

お気に入り紹介:ぱにぽにだっしゅ!

テーマ:ぱにぽにだっしゅ!
ジャンル:テレビアニメ

コメント:
漫画は一度読んで、登場人物の多さにくじけてその後読んでません。
自分はキャラを覚えるのが苦手です。ローゼンメイデンのごとく一人ずつキャラが増えていく分には全然問題ないのですが、メインキャラクターが一気に四人以上登場するともうだめなのです。銀河英雄伝説は本当に苦労しました。
さてさて。ですからこのアニメ「ぱにぽにだっしゅ!」も特に注目せずにいたのですが、ふと見る機会がありまして、キャラを覚えないままにハマってしまいました。
沢山キャラがいますけど、要するに主人公のベッキーことレベッカ宮本と「愉快な仲間たち」ですからね。1年C組の仲良しグループだって、マホマホ女(片桐姫子)、メガネ完璧超人(橘玲)、不可思議少女(一条さん)だけ把握しておけば基本的にあとは空気(ファンの皆様方には失礼…)ですからね。でもなんかしら独特のベクトルがあって、独特のネタになるキャラぞろいなのは特筆すべきです。メインのストーリーの中で、そういう雑多なキャラが脈絡なくギャグシーンを形成するのは、本当にいいスパイスになっています。
そして、ベッキーの、斎藤千和のかわいい演技がたまりません。R.O.D.-THE TV-のアニタ・キングを彷彿とさせる生意気なチビキャラが、さんざんイジられるシーンは個人的にはツボです。
ギャグとしては、背景としてパロディネタがちりばめられていたり、時には堂々とパロディが使用されていたりしますが(みつはしちかこの絵柄のパロディは笑った)、わりと王道なスタイルのことも多いです。掛け合いの面白さを充分に発揮した作品になっています。メソウサなどイジられキャラの豊富さもポイント高いです。

余談ですが芹沢茜が沢城みゆきだというのはまさに驚愕でした。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/02/04(日) 14:49:00|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:ガン×ソード

テーマ:ガン×ソード
ジャンル:テレビアニメ

コメント:
妻を殺したカギ爪の男を追う、主人公ヴァンとその仲間たちの物語。
カウボーイビバップを見てしまったあとなので、ヴァンとスパイク(カウボーイビバップの主人公)をついつい比べてしまい、ヴァンのヘタレさを嘆いてしまいますが、こちらには強力な「ロボットアニメ」としてのアドヴァンテージがあります。
スマートなヒト型ヨロイ(≒ロボット)あり、土木機械的な垢抜けないヨロイあり、エルドラファイブのような勇者シリーズ・エルドランシリーズ的なマッシブなヨロイあり、全てカッコイイ。終盤、宇宙でのシーンがあるのですが、無音で進行するのも(迫力には欠けますが)写実的で良いです。
ヴァンは改造を受けた人間だからか、元々そういう性格なのか、ちょっと歪なキャラクターです。調味料をありったけかけないと満足しなかったり、何かと子供のように感情的だったり。それを抑えるが如く脇を固めるキャラクター(仲間たち)が生き生きとしており、特にウエンディはワイルドアームズの登場人物的なまっすぐさと純粋さを備えており、オアシス的な存在です。あとは兄弟の絆やジジイたちの活躍がスパイスになっています。カギ爪の鼻歌の音痴っぷりも非常に癖の強いスパイスです。ところでミハエルというキャラは明らかに機動戦士ガンダムSEEDシリーズのキラ・ヤマトですよね? 声優一緒だし、絵柄まで似せている気がします。
それにR.O.D.、かみちゅなどで有名な倉田英之氏の脚本が冴え渡っている本作、特に17話以降の仲間たち大集合編(勝手に命名)からの燃え燃えな展開は必見。(いや、17話はギャグ回ですが。)それ以前のちょっとかったるい回もちゃ~んと伏線になっていたりするので気が抜けません。キャプテン・カイジぃ…
スピンオフ作品としてエルドラファイブの黄金時代の話を作ってもらえないものでしょうか。馬鹿馬鹿しさを強調した番外編でもいいです。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/02/04(日) 14:46:19|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り紹介:創聖のアクエリオン

テーマ:創聖のアクエリオン
ジャンル:テレビアニメ

コメント:
三機合体のなかなかかっこいい超合金の存在だけは知っていたのですが、長いこと本編には興味のなかった作品。勧められるままに観てみました。
バカな作品ですな。いい意味で。
野生児、ブラコン、ナルシシスト、サッカーバカ、不幸女などのいいキャラが、ロボットの合体時にそろって喘ぐのはどうか。裸で。
でも、まさにおもちゃをいじっていたらできちゃいました的な変形パターンをガンガン出してくるのは変形合体ロボ好きにはたまりませんでした。終盤にアクエリオンエンジェルというのが出てくるんですが、アレは二万円もする超合金を二体も買わないと再現できないわけで、それでも欲しくなっちゃうような良演出なわけで。
ストーリーとしては簡単に言えば翅(はね)を持つ天翅という存在が人間狩りをしているのでアクエリオンで対抗する、というような感じですが、その裏に一万二千年前からの因縁が渦巻いて…と、なかなか深いものになっています。ちょっと自分には全部理解できたか怪しいですが…
まあ、この作品の醍醐味はそんな難しいこと考えずに無限拳を、爆愛無限光を、その他数々のぶっ飛んだ必殺技を、見て、感じて、叫んでいればいいんです。そしてファンが三人そろったら「念心!」「合体!」「GO! アクエリオン!!」と叫べばいいんです。そして「きもちいいぃぃ」と

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/02/04(日) 14:41:56|
  2. お気に入り紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第42話 旧友の来訪

怪獣や宇宙人が日本にのみ現れているということがそもそも異常なのですが、それが日常となっているメビウスの世界では南半球にゴモラが出現したことは逆に異常なようです。登場人物たちもネタにしてます。

世界のGUYSを統括するタケナカ最高総議長がじきじきにお出ましになったことで緊張が走るGUYSジャパン。タケナカとサコミズは懇意のようですが、どういう関係が…
タケナカとサコミズは特別応接室で密談。中には科学特捜隊からUGMまでのエンブレムや戦闘機の模型が飾ってあります。欲しい。
サコミズはタケナカとタメ口。ビビります。でもなんと、二人は同い年とのこと。科学特捜隊の一員として宇宙を飛び回って、要するにウラシマ効果で若く見えているのだそうです。
これは予想の斜め上をいく展開…科特隊のヘルメットがイカします。そして、宇宙で無数の円盤に襲われたサコミズを救ったのがゾフィーだったのです。
それが最後の宇宙での仕事だったそうですが、戻ってきた頃には怪獣頻出期は終わっていた様子。科学特捜隊って何年存続していたんでしょう?

さて、場面変わって怪しげな黒装束の男がレッドキングを召喚します。ドキュメントDASHぅ…
対抗するクルーGUYS。あと一歩のところまで追い詰めますが、飛行能力まであったことで追い詰められます。っていうかなんだよそれ。
レッドキング五代目はメビウスには強力な肉弾戦で対抗しますが、一歩及ばず。
ところが、倒したと思ったレッドキングは今度は四代目ゴモラに変形。どうやらそういう宇宙生物に乗っ取られている模様です。連戦で苦戦するメビウスにメテオールで対抗。最後はバーニングブレイブとガンフェニックスの連携技でフィニッシュ。
黒い男はどうやらヤプールの様子で、来週、メフィラス星人らと共謀して何かをする様子。劇場版チックです。
今回のレッドキング、ゴモラはマックスで出てきたものでしょうか?

で、結局サコミズは人間なんですかね?

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/02/04(日) 12:50:53|
  2. ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガンダム無双に「超」期待する

先日のエントリで期待度を示したガンダム無双ですが、どうやらターンエーガンダム、ゴッドガンダム、ウイングガンダムゼロが参戦するようです。
PS3買います。
ガンダム無双パックは7万円もするので、本体+ソフト代より高いから買うかどうかは不明ですが…
あとはどれくらいのサプライズが隠されているかが気になります。平成ガンダムの後期主人公機が出るのであればガンダムDX、フリーダムガンダムorデスティニーガンダムは出るのでしょうか。いや、だったら宇宙世紀からもっと出してほしいものですが。EZ-8とかアレックスとかGP03(ステイメン)とかEx-SとかνガンダムとかΞガンダムとかF91とかクロスボーンX3とかV2アサルトバスターとかガイアギアαとかGセイバーとか出ませんかね。
ターンエーの3Dモデルはないはずなので、ネタじゃないと思いますが…ネタだったらどうしよう。

テーマ:新作ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/02/04(日) 09:58:26|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Hyperion

Author:Hyperion
患者:26歳の男性
主訴:インターネット熱の再燃。
現病歴:
2005年2月、医師国家試験受験。合格。4月より研修医となった。
アニメ・特撮・漫画・ゲームが大好き。ブログテーマも自然とそちらへ偏る。ウルトラマンメビウスが終わったらブログのネタもなくなりそうな勢いである。当初に想定していた「医学」「音楽」ネタは今や1割以下。
既往歴:
1999年3月よりひっそりMIDI系サイト HyperionのMIDI ROOM を開設。
1999年4月より大学医学部に入学。譜面もろくに読めないのにオーケストラに所属し、トランペットを習う。
2002年7月にMIDI熱は一旦冷め、上記サイトは放置された。パスワードもわからない。
家族歴:特記すべき事項なし
過敏症(その話題に触れると過剰反応をするモノ):
ウルトラマンシリーズ(主にM78星雲出身)
ガンダムシリーズ(主に宇宙世紀)
めぞん一刻/うる星やつら
XXXHOLiC/CLAMP学園探偵団/東京BABYLON
トップをねらえ!/トップをねらえ2!
新世紀エヴァンゲリオン
おジャ魔女どれみ
ギャラクシーエンジェル
よつばと!/あずまんが大王
逆転裁判
涼宮ハルヒの憂鬱
ひぐらしのなく頃に
ローゼンメイデン
その他多数

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。