メドとミドの医学音楽日記

現役医師という職業条件を生かした日記ないし雑文がメインです。 趣味の音楽(オリジナルMIDI)の公開もしてます。 その他色々な話題を扱っていこうと思います。 管理人:Hyperion

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ER 緊急救命室 season1-4 ヒットエンドラン

ポケベルで起きられないカーター君。わかります。

一例目。ホームレスの頭部外傷。確かにおいがきついことはあります…自分は鈍感なのでまだ良いですが。

二例目。右下腿痛の高齢女性。既往歴に結腸腫瘍。飛行機に4時間乗った。腫脹強い。鑑別診断として「蜂窩織炎、損傷、血腫、ベーカー嚢腫(滑液包炎)、深部静脈血栓症」。ウィルヒョウ三徴のうち二つが見られるということですが、ウィルヒョウ三徴がわからないので調べました。ベントン先生も知らなかったからいいや。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%A0%93より抜粋。
Virchow's Triad…血栓形成に関する三要素。(1)血管内皮細胞の傷害(喫煙や高脂血症、高血圧、肥満、糖尿病などによる)、(2)血流の緩慢(ギプス固定や長時間の同じ姿勢、動脈瘤、静脈瘤などによる)、(3)血液性状の変化(高脂血症や脱水症状時、妊娠・出産時、老齢などによる)
ベントン先生のライバル、サラ先生によると鬱血、外傷、過剰凝固。それぞれ(2)(1)(3)に相当するようです。血栓症なんでしょうね。その後は描かれていませんが溶解療法でしょうか。

三例目。忙しいビジネスマン。左下腹部痛。一年前より便秘、血便あり。大腸癌のフラグ。それはさておき、彼の携帯電話の電波により電動車椅子が誤作動しているようです。ルイス先生は過敏性大腸炎を疑い、鑑別診断に潰瘍性大腸炎を挙げています。

四例目。呼びかけに返事をしない子供。…と思いきや、母親の幻聴。これも時々あることです。母親は統合失調症でした。暴れるので(自傷他害があるので)精神科医のスベティック先生によりハロペリドール使用されました。強制入院。噛まれたスベティック先生には災難ですが、きっと腫れることでしょう…人間の口腔内は汚いですからね… 子供はやりきれない思いをしているようです。そんな傷心の子供に病気の胆嚢の写真を見せる。鬼です。まあ創傷の足の写真じゃないだけマシか。

五例目。突然の胸痛。既往歴に心臓発作二回。除細動機挿入後。ニトロは効かず、急性心筋梗塞を考えモルヒネで除痛を…というところでゲップ。軽快しました。においは強烈だったようで、イレウスか何かでガスが停滞していた模様。さらによく調べると、除細動器の誤作動が。こんなこともあるんですね。誤作動は三例目の携帯電話のためのようです。この人の手の動きって演技なのでしょうか? だとしたらすごすぎる…

六例目。交通外傷。呼吸停止。みんな鉛のプロテクターを着けて、レントゲンの放射線を防御しているところへのうのうと現れるカーター。すばらしい。しかし、やはりドラマでの心臓マッサージはダイナミックではないですな。折れちゃいますものね。頭蓋骨・頚椎骨折。血気胸。横隔膜破裂。…どうやって治せばいいのかさえ見当もつきません。死亡。カーター君にとってはショックだったようです。そのわりにはエプロンさえ着けておらずとても治療に参加していたとは思えない出で立ちです。身元について年鑑にて照合していますが、今だと個人情報保護法でひっかかるんでしょうか。いやな世の中です。しかし連絡した先は全然関係ない家だったようです。死体の顔だけじゃなかなか難しいですよね。

七例目。右手を噛まれた若年女性。軽症のようです。ロス先生が恋敵のタグリエリ先生に依頼をしたようで、ついでにひと悶着。

ベントン先生と義理のお兄さんとの会話で、ベントン先生のお母さんが認知症であるようなことが伺えます。重症のようです。今後ドラマに絡んできそうですね。
ロス先生はルイス先生とグリーン先生をくっつけたかったようです。スベティック先生との仲は最近のようですから…

八例目。胸痛…というより、申し送りでは心窩部痛。SMプレイ中に起こったようです。そんなときに妻が駆けつけある意味大ピンチ。病状としては多源性心室性期外収縮でリドカイン投与。すんでの所で浮気相手=妻の秘書は隠れましたが、とんでもない衣装を身に着けていたのですぐバレました。社会的死亡。

九例目。腰痛の高齢女性。血沈の高値あり外科以来。下腹部?も痛いようで、ルイス先生はヘルニア嵌頓、胆嚢炎、虫垂炎、腸間膜血栓症などを考えているようです。ルイス先生は診断能力の高い先生のようですね。検査の結果白血球は20000。かなりの高値。盲腸後方虫垂炎の穿孔となってしまいました。確かに盲腸の裏側だとわかりにくいのですが…ベントン先生には大失点です。しかし汎発性腹膜炎もあったであろうその手術を20分でやってしまうモーゲンスタン先生も凄腕です。
ベントン先生はしかし、Whipple手術(膵臓癌の膵頭十二指腸切除)の執刀医に指名されたようで何より。これはすごいことです。指導医のモーゲンスタンが手取り足取り教えたでしょうが、再建もある難しい手術だと思います。サラ先生は不満気です。

一年前グリーン先生に命を助けられた患者さんがTボーンステーキを持ってきてくれました。毎年この日をグリーン先生の日として祝ってくださるそうです。これは嬉しい。こういう経験をしたいものです。

十例目。なんかうなっている男性。薬物中毒の離脱症状。これは鬱陶しい。暴れないだけマシか。

十一例目。妊婦。もう既に頭が見えています。カーター君が車中で取り上げます。無我夢中とはいえすごい。この際感染防御もなしにやったのは無謀といわずに勇気と言いましょう。命の終焉と始まりを一挙に見たカーター君は、一気にやる気に目覚めます。頑張ってもらいたいものです。

まだハサウェイをあきらめきれないロス先生。ロス先生がハサウェイの自殺の原因のようですね。問題ある性格のようです。
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/09/03(日) 21:26:43|
  2. ER 緊急救命室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<出産を見た | ホーム | 産婦人科大変すぎる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medmid.blog23.fc2.com/tb.php/177-5ad3ecdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Hyperion

Author:Hyperion
患者:26歳の男性
主訴:インターネット熱の再燃。
現病歴:
2005年2月、医師国家試験受験。合格。4月より研修医となった。
アニメ・特撮・漫画・ゲームが大好き。ブログテーマも自然とそちらへ偏る。ウルトラマンメビウスが終わったらブログのネタもなくなりそうな勢いである。当初に想定していた「医学」「音楽」ネタは今や1割以下。
既往歴:
1999年3月よりひっそりMIDI系サイト HyperionのMIDI ROOM を開設。
1999年4月より大学医学部に入学。譜面もろくに読めないのにオーケストラに所属し、トランペットを習う。
2002年7月にMIDI熱は一旦冷め、上記サイトは放置された。パスワードもわからない。
家族歴:特記すべき事項なし
過敏症(その話題に触れると過剰反応をするモノ):
ウルトラマンシリーズ(主にM78星雲出身)
ガンダムシリーズ(主に宇宙世紀)
めぞん一刻/うる星やつら
XXXHOLiC/CLAMP学園探偵団/東京BABYLON
トップをねらえ!/トップをねらえ2!
新世紀エヴァンゲリオン
おジャ魔女どれみ
ギャラクシーエンジェル
よつばと!/あずまんが大王
逆転裁判
涼宮ハルヒの憂鬱
ひぐらしのなく頃に
ローゼンメイデン
その他多数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。